2010年08月14日

部屋と花に合わせる花瓶

花瓶( フラワーベース ) を選ぶ際は、飾る場所を思い浮かべて買うようになりました。
今まで色々なタイプを買いましたが、結局淘汰されて使う機会が多いものは、部屋と相性が良い物と活けやすい物だけ・・・。

使いやすい形は、口が狭いタイプ。
上部に向かって広がるデザインは庶民向きではなく、花を何本入れても寂しさが漂ってしまいます。
売ってる時はステキな形が多いので、つい誘惑に負けそうになります。

フラワーアレンジ100814_1.jpg

便利な花瓶は5〜6cmの小さいタイプ。
どんどん切っていった最後とか、花壇の花や、散歩の途中で出遭った葉っぱ一枚でも、ピシャリと収まります。
「 花を買わなきゃ 」 という気合は不要。
そこらに生えてるタンポポも可愛く飾れるので重宝ですし、保管場所も取りません。
グラスでも代用できるけど、やはり収まりの良さが違いますし、安いので必様々な形を持っています。

花瓶の形は置くスチュエーションを必ず思い浮かべて選びます。
●テーブルの場合は左右対称で幅・奥行きが同じ寸法のカタチ
●棚や窓辺には奥行きが狭いカタチや一輪挿し
選び損ねると活けずらく、見た目もイマイチなものになったりします。

植物と合う・・という目線で黄色や赤などの色モノ花瓶も購入した事がありますが、我家にはまったく合わない上に、それぞれ使える花色が決まってしまうので、カタチが気に入っていても出番はありません。
●クリアガラス
●白
●グリーン
●シルバー
●黒
どんなに欲しいディティールをしていても、この5色以外の花瓶はグッと我慢します。

飾った花は1日でも長く鑑賞したいですよね。
花を長持ちさせる薬剤というのも市販されていますが、無い場合ほんの一滴、漂白剤や除菌剤などの塩素系洗剤を水に混ぜると、バクテリアの繁殖を抑える事ができます。

庭の小花でアレンジ
1人しか生産していない花
posted by AKA at 09:51 | 植物の色