2010年07月26日

真夏の着物は涼しく

この日は竹の着物コーディネート。
絞り部分が竹になってて、笹(竹)の葉模様になっている着物と笹模様の帯。
着物も帯も極薄なので、破りはしないかとハラハラします。

そして夏の悩みは補正・・・

着物の下は半襦袢と帯周りのタオルのみ、ピシッとは着付けられませんが、熱中症を考えると万全の補正はツライです。
でも暑さ対策のつもりじゃなかったのに功を奏した事がありました。

着物100726.jpg

この帯は生地が薄くて心配だったので、先日のメンテナンスの際に二部式にしました。
二部式の帯だと、胴まわりに密着させなくても比較的安定するので、補正が不十分でも案外何とかなるみたいです。
しかもビッシリ巻かないせいか、幾分涼しいかな?

私のブログも 『 二部式帯の作り方 』 の記事へアクセスが増えているようです。
みなさん、暑さ対策で二部式の作り帯を制作する方が多くなってきているのでしょうか。
この天気では、涼しくなりそうな事ならなんでも試したくなる心境です。


ところで、最近何を着たかなと思い出してみると、ほぼブルー。
苦手な色ながら、見た目は白と勢力を二分するクールカラーなので、ついつい選びがちになります。

そういう訳で、また青い着物で夕食へ・・・。
これ以上薄い着物は無いので、これで耐えられるかどうかを危険な猛暑の中試みてみました。
どうにか・・・夕方からなら大丈夫のようです。