2010年07月12日

手芸系男子

アトリエの刺繍糸を取り出すと、急になんでもかんでも刺繍を始めたH氏。
ふと彼の部屋を覗くとやたら熱心に縫い物をしている・・・・。

テキスタイル男の刺繍はこんな感じです。

刺繍100712_1.jpg

事の起こりはこのデニムパンツに小さい染みがあって、「 何かして隠して 」 と言われていたのに、私がいつまでたっても何とかする様子がない。
そんな折に柳原パトの個展で、パトと友人に以前自分で着けたボタンのカラフルな糸の縫い目を 「 カワイイ 」 「 ラフなのがイイ 」 とか褒められたのがキッカケになったのでしょうか、自分でシミを隠そうと思い立った様です。

染みパンツの出来栄えを褒めたら、次々自分の服を刺繍し始めました。

刺繍100712_2.jpg


刺繍100712_3.jpg

元々オトメン的資質は十分アリな人です。
妻が友人達と家に集まって “ ビーズの会 ” なんて場合は、世間一般の夫なら 「 いらっしゃい、ごゆっくり 」 と挨拶でもして、自分の部屋があれば早々に退散するでしょう。
H氏の場合、「 いらっしゃい 」 のその後は無言で空いてる席に座り、「 今ブレスレット作ってるの? じゃあ僕は黄色系にしようかな・・・ 」 と、当然のように参加するような人でした。

発想が自由だから、開放的な雰囲気があって面白いモノを作れると思います。
この調子でどんどん私の服にも刺繍してほしい!

ここ数日 「 右腕が痛い 」 と訴えるようになったのですが、まさか針仕事で筋肉痛?
重労働でなくても、やり慣れない事をすると筋がおかしくなったり、痛くなったりするものなのでしょうか。
posted by AKA at 12:28 | 布のアトリエから