2010年03月10日

派手な帯は半幅で活用

陰気な天気が続くと、普段は箪笥の肥やしになっている派手な色の帯や明るい色の着物が着たくなります。

派手な帯の場合は半幅帯にするとカジュアルな雰囲気になるので、出番を増やせる気がします。
最近はデニムの着物なんていうのもあるけれど、そういうシンプルな洋服生地の着物と合わせるとワンポイントな面積になる。
大きな柄も見えたり見えなかったり・・

着物100310_2.jpg

真っピンクのバラの帯にしました。
大好きな柄ですが,派手すぎる全通の名古屋帯だったので半幅帯にしたものです。

着物100310_1.jpg

好きなデザインの物を大切に使ったとしても、延々と身に着けることが出来ないのがファッションのすごく悲しいところです。
「あっ、これはもう無理だな・・・」
っていうものが増えてきました。
それはそれで、受け入れなきゃいけないでしょうね、公衆の面前では。
だから家でこっそり楽しむんです。

ここまでハッキリした柄でなく、単に赤い帯とかその程度ならば、お太鼓結びだと派手に感じられても半幅ならばむしろキリッとして良い場合もあるんじゃないでしょうか?
普段着は着物自体が地味なものも多いし、大人しい色柄を合わせると地味すぎたり、男着物みたいになったりしますから。

派手な帯は外出用にしない事が多いので、普段着の着物は好きなものを好きなように着れる、希少な時間になります。
好きな柄ならできるだけ長い時間付き合いたいし、楽しみたいものですよね。
posted by AKA at 12:38 | 着物コーディネート 普段着