2010年03月01日

サービスタイム戦略の旅館

完全に女性ターゲットを狙って、ホスピタリティーを強化している伊豆の旅館に宿泊しました。
人気の旅館になる為に食事内容で勝負しようと思ったら、“ 伊勢海老付き ” とか “ アワビ付き ” くらいやらないと目立てない・・・それは旅館側としてはコストがかかることでしょうからね。
それに女性の脳っていうのは、1回の豪華な出来事よりも、“ちょっとした嬉しい出来事が何度も起きる”ほうが 「 良かった 」 と感じる生き物らしいので、この宿の戦略は女性の本質的生態をきちんと理解して、サービスを展開しているようです。

つるや100301_1.jpg

露天風呂があったり、好きな浴衣を選べたり、マニキュアを自由に使えたりするのなんて昨今の宿なら当然として、この際だから、無料で受けられるサービスは全部受けてみることにしました。


つるや100301_2.jpg

左上 
15:30までアフタヌーンティーサービス。
チーズケーキとイチゴの葛まんじゅうをお茶と共に。
右上 
16:00から湯上りサロンでビールのサービス。
スポーツドリンクやグリーンティーなどは常時頂けるサロンです。
左下 
夕食時にサービスされたノンアルコールカクテル
右下 
食後のデザートはメロン・イチゴ・ケーキ・アイスクリームなど好きなものを。
珈琲は自分用のサイフォンと燃料が運ばれて、入れたてを頂く・・・こんなのは初めてだった。

つるや100301_3.jpg

左上 
夕食後オープンする昭和レトロをテーマにした遊び場。
金券はチェックイン時にくれるので、それを使って遊ぶことができます。
右上 
私は射的を4回やったけど、自腹ならやらない遊びを出来て楽しかったぁ。
ゴムボールすくいもやって一個もらい、綿菓子とソフトクリームも食べた。
左下 
23:00までお休み前のデザートサービス。
この日はシェフがステーキ用の長い鉄板の上でチェリーをフランベしてアイスクリームとチョコレートを添えて出してくれました。
右下 
チェックアウトの際にお土産を渡してくれました。
下田名物の秋刀魚の棒寿司・・・これがシャリにも具がまざっていたりする結構手の込んだ一品でした。
最後の印象は大事、ここまでの努力の積み重ねがぼんやりした記憶にならないためにも、トドメは必要でしょうね。

お部屋には3種類の和菓子が置いてありましたが、上記を摂取しただけでもうギブアップです。
そちらもしっかりお土産に頂きました。
この他に4種類のコーヒーやハーブティーは夜中以外はいつでもオーダーできます。

ココはつるや吉祥亭別館という北川温泉の宿・・・宿泊費はというと、キャンセル売り出しだったために¥14,000でした。
お部屋は二間続きの8畳+8畳+広縁+ソファーコーナー+海が見える内風呂、部屋からすると宿泊料金は納得。
サービス各種のためか夕食はかなり軽めなので、大食いの人や海の幸満載を求める方には物足りないかも・・・。
料理よりファシリティー重視の人に向いてる、退屈しない宿でした。
posted by AKA at 12:12 | 色々な時間