2010年02月18日

作り帯 ( 二部式帯 ) の作り方

作り帯100218.jpg

二部式の作り帯 ( 自由結び帯 ) と言われているタイプを手作りしてみました。
『 お太鼓結び 』 と 『 角出し結び 』 が両方結べるものです。
今回は私が作った寸法をそのままアップします。
もちろん、ウエスト寸法や帯幅などは個人で違いがありますので、型紙どおりでなく調整して下さいね。

作り帯の寸法1.jpg

六通柄やお太鼓柄で作る時は 『 て 』 と 『 お太鼓側 』 の生地を58cm付近でつなげます。
帯芯はお太鼓側だけ二重にします。
“たれ”の部分に+1oとなっているのは、縫い代を畳むと表に返した時に寸法が減るので、角の部分は膨らませ気味に縫ったほうが、同じ幅で仕上がる為です。

作り帯の寸法2.jpg

今回胴の幅は16.5cmで作りました。
身長160cm以上なら広めで作ったほうが良いかもしれません。( 粋な好みの方は細いほうが良いけれど )
胴の縫製寸法はお太鼓を参照して下さい。


作り帯の作り方1.jpg

@左上:2枚を中表で縫います。生地が繊細なものは縫い目に芯を貼ります。
A右上:『 て 』から58cmのところに紐を一緒に縫います。
B左下:“ きせ ”をかけます。縫目から+1oを倒して、アイロンをあてます。
C右下:たれのほうから帯芯を付けます。芯の幅は“縫った帯幅”より減5mmです。

作り帯の作り方2.jpg

作り帯の作り方3.jpg

D左上:芯を縫う時、表生地との間に下敷きを入れると縫いやすいです。
E右上:“て”の部分はそのまま返し口にするので、芯は留めない。
F左中:、両側留めたら “ たれ ” の縫い代に芯を止めます。
G右中:お太鼓部分 ( 約1m ) の長さの芯を“ たれ ”からもう一枚重ねます。
   ★写真で芯が浮き上がってるように見えますが、それでOK。
    この段階でピッタリ馴染んでいるようなら芯が小さすぎです。
H左下:先ほど倒して芯を留めた縫い代に2枚目の芯を重ねて縫います。
I右下:2枚目の芯は淵に合わせず、1枚目と同じ位置にひかえて付けます。

終了したら、表に返して、アイロンなどで押さえて整え、“ て ”を閉じて下さい。

帯の出来栄えはやはり芯の入れ方によって随分変わってしまうようです。
私も芯入れの作業は着物の衿付け同様苦手です。
洋服生地などで作る場合は接着芯を使うという方法もアリ?
やったことないので、どんな感じになるか分からないのですが、上手くいくなら、はるかに簡単に出来る事でしょう。
正絹に接着芯は、生地が歪むのでオススメできませんが・・・。

・二部式帯の結び方 へ
・足袋の作り方
posted by AKA at 13:11 | 着物まわりの小物を手作り