2010年02月13日

トリックアートな日用品

デザインに秒殺されてしまった、最近1番のお気に入りのお話。

「 ハイ、これお土産ね 」 と頂いたものを、その場がバタバタしていて開封できず、帰りの車の中で開けてみてビックリ。

ソープ100113_1.jpg

まず、パッケージが意味深。
鍵・・・?
引き出し・・・?

期待大で蓋を空けると

ソープ100113_2.jpg

ドアノブが!
なんと高価な土産モノ!

だが、ほのかにイイ香りが・・・・
なんと石鹸だった。
衝撃的に素敵だ。
二個の石鹸がこんなに凄い演出によって私に幸せを与えてくれた。
頂いたその場で開封して、どんなに嬉しくて感動してるかリアルタイムに伝えたかった。

この間友人が泊まりにきて、部屋に置いてあったコレを手に取り、蓋を空けるのが見えた・・・
・・・何も言わず、そのまま戻した。

騙されちゃってる様子が傍で見ていて面白かった。
今見ていたの石鹸よ♪ と言うと 「え゛ーーーー!」 と本気で驚いて、もう一度しげしげと見直していた。
私が改装の為に購入した、内装パーツだとばかり思ったらしい。
確かにパッと見たら鋳物に見える、しかも石鹸に有るまじきテーマだものね。
ソープディッシュにこの金具みたいのがゴロンと置いてあったら、その光景も面白いものになりそう。
posted by AKA at 10:14 | 色々な時間