2010年02月10日

正統派 着物と帯の色合わせ2

冬の着物の定番といえば、ほっこりな縮緬。
いつもならカジュアルな感じで着てしまいますが、今日は真面目にフォーマルな着物コーディネートします。
寒色系の着物に白ベースの刺繍帯を組みあわせて帯の格を高めにしました。

着物_100210.jpg

近い色を組み合わせるので、ちょっとアクセントになるよう帯揚げは紫にして、着物と帯がぼんやりしないように色を入れています。
このままの組み合わせで、あと20年は余裕で着れそうな感じの着物コーディネート。

お食事会とか、新年会とか、お茶会も大丈夫そう・・・
特別目立つ事もなく、ああいうのはちょっとね、と後指を刺されることもなく、許容範囲広めではないでしょうか?

同じ着物でも、黒ベースの帯でコーディネートした時は好みが分かれるような組み合わせになりましたが・・・
どちらかというとワタシは黒とかでカジュアルっぽく着るほうが好きなので、正統派な雰囲気の着物でも、ついついカジュアルダウンさせて着ようとしてしまいます。

黒の帯の組み合わせ 冬の着物色あわせ
正統派 着物と帯の色合わせ