2010年02月02日

着物で雪山に

雪山に着物で行く人ってまずいない・・・
自然の風景と着物ってなんでこうも馴染まないのか・・・
それでも冬の山でなければここまで唐突感はなかったかもしれませんが。

着物100202.jpg

山間の道を移動中、ちょっと車を降りてみました。
二枚歯の下駄だったので、雪に埋もれずに済みましたが、普通の履物だったらベチャベチャになったことでしょう。
ま、普通こういう場所に着物で出かけていくケースは無いと思うので、それについての対策を深く考える必要はないかもしれない。

スキーをしなくなってから、冬に山方面に出かけることはなくなったのですが、静かな、静か過ぎる山もいいものですね。
「 クロスカントリーやりたぁい 」
着物で雪山を眺めつつ、心の中はそういう欲求で一杯です。

雪原のど真ん中で、珈琲入れて飲む・・・
う〜ん、いいなぁ。

あったかい着物にぬくぬく包まれていると、自然に立ち向かうっていうモードが降下ぎみになります。
以前はアウトドアも堪能できない冬は大嫌いでした。
でも着物を着るようになると、冬こそ本領発揮!
重ね着も楽しいし、色に囲まれるのも楽しい。

冬は冬らしい楽しみにひたれるってありがたいですね。
posted by AKA at 12:47 | 着物いろいろ話