2010年01月19日

紫の着物 色あわせは緑

着物の色と帯の柄の1色を合わせると無難にまとまる組み合わせになります・・・
セオリーに当てはめれば、そういう着物合わせになるのでしょうが、無難な色の着物ではないので、王道とはいえない雰囲気になりました。
無地っぽい着物の場合は、よほど唐突な色を組み合わせない限りはセオリー通りでなくても何とかなるものです。

着物100119.jpg

紫の疋田絞り柄のお召し着物と、アールデコ調の帯。
帯周りは緑にしました。
私は紫と緑の組み合わせが好きです。
古典柄着物の場合なら、よりクラシックになるし、現代柄着物なら、モダンに感じられるコーディネートになる気がします。

冬は羽織やコートを着るのでかまわないのですが、あまりに無地っぽい着物は苦手です。
確かに色々な帯を組み合わせられるので楽なのですが、背が高いとズドーンとその色のかたまりみたいになるので、どうも単調過ぎて、帯付きの姿は寂しく感じてしまいます。
posted by AKA at 13:09 | 着物コーディネート 紬