2010年01月04日

真冬の着物 万全の防寒対策

昼間の最高気温は−3℃!
着物の防寒対策・・・手作りの着物用下着を着込んで着物の上にベルベットコート、毛皮で首を覆い、肘までのロング手袋、ネルの足袋、爪先カバーは毛皮の爪皮を着用というフル装備で。

今年は日光東照宮まで初詣に行きました。
小雪が舞っていて、雪景色も見れて、何だかムード満点。
薬師堂にある鳴竜の鈴をならしたような鳴き声は、開運のご利益があるとされているので初詣にはピッタリです。

着物_100104.jpg

但し、防寒対策は厳重に!
行く前は、衿は刺繍のがいいかな・・・とか選んだものの、最初から最後まで黒づくめで覆った防寒具を取る事はありませんでした。
お堂の中などの履物を脱いで上がる床は、まるでスケートリンクのような冷たさです。
着物って洋服より暖かいものですが、弱点は腕と足首あたり。
ここまで温度が低いとなると、肌色の薄手のスパッツを履き、もちろんババシャツ着用。
冷え性のせいか真冬に肌襦袢はありえない、脇の下がスースーしてしまうので、ピッタリした肌着は欠かせません。

下着屋に出くわすと、首が大きくあいた下着がないかと常にチェックしてますが、着物の場合は後が大きく開いていないと、衣紋を抜いた時に下着が見えちゃうのでNG!。
前が大きく開いたカタチは沢山売っているのですが、前も後も大きく開いてるのって案外少ないのです。
必要になってから探しても見つからなかったり、文字どおり “ 婆 ” 専用かと思うようなデザインだったりするので、常に巡回体制なのです。
今愛用しているのは、前も後もVネックになっている水玉模様のデザインで、普段はこれで十分なのですが・・・

更に強力に防寒したい時 ( 超寒い日に羽織を着たい時とか ) は、着物用に作り直したあったか下着を愛用。
ユニクロなどで安価で目立たない色の、ピッタリするサイズのフリースTシャツやタートルネックを購入して、首を大きくジョキジョキ切り取ってしまいます。
フリースは収縮性があるので、切り口を三ツ折にして縫えばOK、ちなみに袖も長袖の長さは不都合なので短くします。
これはすっごく暖かいし下着より安く済むので、見た目より防寒を・・・という場合はお勧めですよ。
大きく首の開いた下着が見つからない時や、もっと暖かい物を・・・という場合は是非作ってみて下さい。

あったか足袋や爪先カバーの作り方は 『 着物まわりのモノを手作り 』 へ 
posted by AKA at 12:17 | 和装小物について