2009年12月15日

冬に着る白っぽい着物

寒い季節には濃い色の着物を選んでしまう事が多いので、ちょっと気分を変えて白っぽい着物を組み合わせてみました。
冬に白のニットやコートを着るのには抵抗がないのに、白々した着物を着ている人は流石にあまり見かける事がなくなりますね。
鬼しぼ縮緬くらいモコモコとしたテクスチャーがあれば、少しは暖かそうな雰囲気がして抵抗感も薄れそうですが・・・。

着物091215_1.jpg

一越縮緬のストライプの着物 + 少しは暖かそうな色のアーガイル模様の衿、帯締めもアーガイル模様にしました。
やっぱりなんとなく寒そうなコーディネートに感じられてしまいますが、多分同じ色合いでも綸子だったら、もっと寒々として見えるかもしれません。
( 実際の体温にはなんら影響はないのですけど )
でも冬は上着必須ですので、半分は隠れちゃいます。
むしろ秋の 「 上着無しでもいいか 」 っていう温度の日のほうが、白っぽい着物は相応しくなく見えるかもしれない。

着物091215_2.jpg

最初は黒の羽織を着る予定でしたけど、なんとなくスッキリしすぎてしまって余計に白っぽさが寒々して見えたので、最近はあまり着る機会の無くなった赤系の絞りを合わせてみました。
街はクリスマスムードだし、60'sムード満開な 『 ヴェルナー・パントン展 』 に行くので、柄モノよりもビビットで無地感覚の物が気分に合うかも・・・という理由。

着物091215_3.jpg

今あっちこっちのビルがイルミネーションしてますね、やっぱりクリスマスって楽しいな♪
最近はミッドタウンとかが海みたいな色にしたり新しさの追求をしている中で、オペラシティはなんとも王道な色使い。
ヴェルナー・パントン展も “ 赤 ” が結構効いていたし、今日のテーマカラーの色みたいになりました。