2009年11月26日

土と木のしごと

“ 独楽吟をテーマに ”
美しいディティール&マチエールが展開された林友子さんの作品の数々。

林友子作.jpg

自然の素材と向き合う仕事って素晴らしい・・・と感銘を受けました。
素材を探求して日々真摯に取り組むからこそ見えてくる美しさを表現していらっしゃいました。

『 独楽吟 』 は、貧しくつつましい暮らしの中で、日々の様々な要素に楽しみを見出して歌にしている短歌集。
「 たのしみは朝おきいでて昨日まで無かりし花の咲ける見る時 」
のように、「 たのしみは・・・ 」 の言葉から様々思いを詠みあげています。

林友子展091126.jpg

お着物姿もカッコいいですねぇ。
もっと沢山の方が着ているのを見て暮らせたら、私の毎日も 「 たのしみは着物の・・・ 」 と歌に出来そうなんですが。

私は着物こそ日々着ているにもかかわらず和的造詣が非常に浅く、どちらかと言えば洋式といっていい暮らしぶりなので、こういう世界観とは縁遠い毎日です。
しかも自分の作品も 「 削ぎ落としていって・・・ 」 からはまるで正反対なので、大変良い時間になりました。
posted by AKA at 12:06 | 色々な時間