2009年11月12日

着物の柄の割烹着を作る

着物生活の中で、ずぅーーと不満の種だったのが割烹着!
衿には付いてないほうがマシなデザインのレースが縁取られ、色は白衣を思わせる寒々しい白。
よほど特殊な例を除いては、まずこれ以外を見つけられない。
国内のデザインが一種類に統一されてるアパレル製品って・・・ある意味スゴイぞ。

諦めてそれを着ていると、H氏は 「 ねぇ、おっかさん 」 と声をかける。
お母さんを飛び越え、おっかさんですよ、時には 「 女将さん 」 と呼ぶバージョンも有。
でも、そのセリフも無理からぬほど女将さん風になるのは認めます。
白の割烹着を着たとたん、20才のギャルだって “ おっかさん ” に即変身できる! という魔法のアイテム。

どうにもガマンならん心境になりました。
まずは1枚作ってみようと、家にあったもう少女っぽすぎて着ることがなくなった普段着のウール小紋の生地で割烹着を作りました。

着物091112.jpg

超ロングにして、イメージは大正時代の女給さん。
長〜いと着物も汚れないし、何よりあったかい♪
もはや割烹着というより、ホームコートの役割を果たしそう。

もともと着物っていう物は、オートクチュールとかお誂えの感覚がベースになっているわけだし、無い物は作るしかないわけですね。
着物を着る人が少なくなった上、家で着物を着て過ごす人といったら町内に ( もしかするともっと広範囲でも ) 0人の可能性もある昨今、着物用のエプロンの類を商売にしてたら倒産確実だろうからしかたがないのかもしれない・・・。

ホームコートの視点だったらコットンにこだわらず、着ない着物を何でもコレにしちゃうのもアリかもしれないなぁ・・・と思いました。
着物っぽい路線とは別に、水玉とか裾柄の物とかの洋服っぽいものもカワイイかもしれないから作ってみようかな。

posted by AKA at 12:15 | 着物まわりの小物を手作り