2009年11月10日

スピリット・オブ・ビューティー

着物を着るようになって、アクセサリーの好みが確実に変わったような気がします。
ルースなどの価値よりも、手仕事のほうに魅力を感じる。
という心境の変化でしょうか?

週末に友人と森アーツセンターギャラリーで開催してる 『 スピリット・オブ・ビューティー展 』 に行ってきました。
生憎カメラを忘れたので着て行った着物の写真は無しですが。

ヴァン クリーフ&アーペルの宝石どっさり! すっごい目の保養になりました。
ダイヤ ルビー サファイア エメラルド のオンパレード!
あまりに別世界過ぎて、これっぽっちも 「 こんなの欲しいなぁ 」 という気にならないところがすごいところです。
でも、珊瑚とかには目が行くのは最近の傾向でしょうか?
人によって美しく感じない、というジャンルではありませんので、確実に美しい物を見たい方にはお勧めの展覧会と言えましょう。

ジュエリー091110.jpg

自分が使うアクセサリーに関してはヴァン クリーフ&アーペルとは多分真逆の好みです。
一番最近友人のジュエリー作家小田真紀子に依頼して作ってもらったのは真珠の指輪で、指の関節の間が埋まる幅の超個性派のデザインです。
なんとなく、シンプルな着物と合わせたいと思ってオーダーしました。
私の中ではこれは着物用のアクセサリーなんですが・・・。

実は私、アクセサリーを着けたり外したりすると失くす可能性大!な人です。
ネックレスもピアスも指輪も着けっ放しにしてます、寝るときも温泉の時も外しません。

真珠っていうのはどうかな?
着けっ放しに出来ない・・・不安。

着物と真珠は相性いいから必須アイテムだし、着物用なら日常使いではない、という気持ちがなければ未だに真珠と縁が無かったかもしれません。
ダイヤモンドなんてまして関心が薄くなってます。
ダイヤモンドの指輪を着けっ放しで土いじりをしたり、お風呂洗ったり・・・「 別に普段使いですからこんなの、オホホホ 」 なーんて身分なら関心も高くなりそうですけどね。
スピリット・オブ・ビューティーとまで大げさなテーマでなくてもアクセサリーは気持ちの余裕だとも思うので、生活に支障のない程度にはかかわっていたいものです。
posted by AKA at 11:44 | 色々な時間