2009年11月08日

リーフィー・シー・ドラゴン

葉っぱのカタチを擬態した海の生き物。
葉っぱの擬態といえば昆虫の十八番だと思っていたのですが、海の中でもしっかり変装上手がいて感心。

リーフィーシードラゴン091108.jpg

リーフィー・シードラゴン、思いっきり見たままのネーミングの生き物。
葉っぱの形をしたタツノオトシゴの仲間、という事ですね。

無気力状態で ヒラ〜 ヒラァ〜 と漂ってる感じです。
まぁ機敏に動いたら擬態にならないですもんね。

私はつい 「 不便そうな体だな 」 なんて人間の生態しか経験がないので思ってしまうのですが、こういうビラビラしたものが付いてる生物はどこまで神経が行き渡ってるのだろうか?
あっちこち引っかかったり絡まったり、我々の社会なら “ 巻き込み注意 ” ってそこら中に貼られるような厄介な体のようにお見受けしましたが・・・。

とはいえ初めての出会いに感動し、その形状に見とれ続けました。
カンペキです。
posted by AKA at 10:21 | 色々な時間