2009年10月06日

帯揚げの色

帯揚げって少ししか見えてこないのに、色次第で着物全体のコーディネートの印象が変わってしまうので、色々な色があったほうが便利。
帯揚げは何十枚あっても万全という事にならないけれど、比較的買いやすいお値段なので、少しづつ増やすようにしています。

もともと絞りとか綸子などのフォーマルっぽいもののほうが多いので、今回は普段使い用の縮緬の無地を何枚か購入しました。

091006.jpg

青〜緑を強化しようと、ピーコックグリーン、薄い緑、薄い青が欲しい色だった。
簡単に買えるので“ 和の色帯揚げ129色 ”というネット通販サイトを利用しましたが、 『 色 』 重視の品物をPC画像で確認するのはやっぱりなかなか難しいのですね。
色名書いてあるので、それと写真をじっと見比べて5枚注文したのですが。

右、『 水浅葱 』 → ほぼピーコックグリーンで○
中、『 薄秘色 』 → 薄い青のつもりがどういうわけか薄い緑になった
左、 『 白緑 』 → 薄い緑と思ったけれど 『 浅葱鼠 』 にしか見えない

091006_2.jpg

左の 『 白緑 』 はネットの掲載画像コレだったのですが・・・
いくらなんでも違いすぎないか? すでに似た色持ってるし・・・
タグの品番は違っていないようなのですが。

他の色もオッケーのと微妙なのが届いたのですが、こっちは手持ちの色とかぶっていなかったので良しとしよう。
白っぽい色ほど写真に色が出にくいので、そういう色以外は大丈夫そう。
結果は4勝1敗。
安いので使わなければ誰かにプレゼントしてもいいし、生地も厚手だったし、凄い色数から選べるって他にない魅力ですから。
また別な色も注文して、そのうち必要な色が埋まっていく事でしょう。
posted by AKA at 12:41 | 和装小物について