2009年08月25日

絞りの帯揚げを洗濯

帯揚げ090825.jpg

夏の帯揚げって汗ジミになりやすい。
手洗い否定派の母の物などを見ると、若干薄茶色の輪ジミのようなものが広がってしまっているものがあり、間違いなく汗をどうにかしないとそうなってしまう危険性が高そう。

使うとモワッと湿気を含んでいるくらいで、一度くらいじゃシミになるような気配はないのだけど、風を通してそのまま仕舞っておくのは洗うよりもダメージになるんじゃないか?と心配になります。
多分クリーニングならばスカーフくらいの値段でやってもらえるだろうし、着物を扱わないところでも帯揚げは受けてもらえるのでしょうが、汗に関しては何でも洗えるものは洗っちゃいたいのです。
昨日はお天気だったので何枚かお洗濯しました。

絞りのものは水洗いで、バスタオルに平置きで乾かせば絞りがどうかなることもないようです。
唯、部分絞りのほうが厄介でした。
絞りの部分を避けながら残りのシワを取るとなると、コテなどで細かくアイロンをかけねばならいので、洋服用のアイロンではちょっと難しい・・・。
これはクリーニングが無難そうですね。
総絞りの場合は表面に細かいシワが出来ても、シワなんだか絞りの加工なんだか締めてしまえば全く分からないのでノーアイロンで楽なくらいです。

でも・・・帯揚げでこんな染みが出来るんだから、もっと肌に近い着物は? 帯は? と考えると怖いデス。
posted by AKA at 12:16 | 着物のお手入れ 着付け