2009年08月14日

色を伝える匙加減

私達は自分の頭の中にある色を、言語に置き換えて相手に伝えてる。

「 森はグリーンで、他はピンクとパープルとグレーを基調に配色して 」
とあまりに簡単に伝達しすぎると、人はそれぞれのグリーンやピンクを思い浮かべるから、こちらが思う以上にイメージは伝わらないものです。
もしかしたら何一つ伝わっていない可能性もあります。

AKA+Hでも日々色の伝達作業をする必要があって、大抵は色見本などで具体的にやり取りするようにしているのですが、たまたま“ グリーン ”に関して「 森は緑ね 」 と同然の如くのように言葉を節約して終わらせてしまった。
そして出来上がった生地は・・・

テキスタイルプリント090814_1.jpg

はぁ・・・確かにピンクとパープルとグレーに “ 森は緑 ”

多分違う。
何が多分かと言うと、この作業は注文なので、私も依頼人の頭の中の色を正確に受け止めたかどうかについて絶対がないって事です。
自分の全身をアンテナにして、 「 こういうものが欲しいの♪ 」 と話す依頼人の“ こういうもの ” が “ どういうものか? ” を受け取った瞬間を思い出すと、この色じゃあないなという印象がしたのです。

グリーンの色味を変更して、ピンクとパープルの配置をチェンジしました。
そして出来上がった生地は・・・

テキスタイルプリント090814_2.jpg

緑以外は同じ色を使っていてもこんなに印象の違うものが出来てしまうのですから、やっぱり色って扱うのが大変なものです。
一色なら共通認識できるような定番商品のラベル色など、例をあげて伝えるとか、複数色ならメインイメージの色調をできるだけ言葉を多くしていくしかなさそうですね。
posted by AKA at 09:35 | テキスタイル-絵のような布