2009年08月06日

真夏の着物は涼しさ重視

薄ーーい、ジョーゼットのピンストライプの着物。
7月は爽やかに白っぽい着物、8月は早くも秋を意識した着物コーディネートにするのが Good! らしいです。
そうなんですか・・・
まだ真夏が来たって実感もない今年の天気なのに。

着物090806_1.jpg

なにしろ8月は着物を着る機会が激減します。
今年はこんなジメジメ天気なので熱中症の心配はないけれど、ガンガンな灼熱地獄よりも湿気やスコールが心配で着れないことが多い。
だから正絹は着れそうな天気の時にササッと実行しないと着ないで終わってしまいそうです。
この着物も去年は着なかったので久々なのですが、「 また縮んだ? 」 って印象がしました。
ジョーゼットって着るたびに湿気で縮むのでしょうか?

そういえばお召しや縮緬など縮みやすい着物は、着た後に部屋乾しをする際も長時間干してると室内の湿気で縮むから2・3時間程度で、という注意があるくらいですもんね。
そんな心配をしつつも、やっぱりジョーゼットは一番涼しい着物。
うーーん、着ていないみたいに楽です。

着物090806_2.jpg

8月は白衿が理想的みたいなので、白地に白の水玉刺繍の半襟にしました。
スッキリと潔い着物は人が着てるのを見てると素敵なんですが、私はまだまだ着こなせる自信がないので、ついつい色んな要素を追加したくなってしまうし、元々が “ 柄ON柄 ” 好きなんですよね。
それでも夏は他の季節に比べて大分スッキリ目だと思いますが。
posted by AKA at 12:25 | 着物コーディネート 紬