2009年06月09日

ビーズ刺繍のタペストリー

ビーズ刺繍のタペストリー.jpg

パッチワーク的感覚のビーズ刺繍のタペストリーを額に入れて飾っているのを見かけた。
じっーーと良く見ると、一つ一つのパーツは大作ってものには程遠く、どちらかと言えば雑というか、ゆるーーい空気さえ伝わってきそうな出来栄えだったりする。

ところが、そのゆるい雰囲気のパーツが一致団結すると、案外見栄えするものになるからパッチワークって手法はあなどれない。

以前キルトの展覧会を観ていると、作品の一つに店名のロゴがプリントされたリボンをクレイジーキルトの手法で仕上げたタペストリーがあった。
ゴディバとかチョコレートやお菓子などの包装に結んである例のリボンなんですが、その身近なゴミ同然のものが何百本と縫いこまれているんです。
ちょっと圧巻。
うわぁこんなの作ってみたいかも・・・とその瞬間は思ったけど、隣で見ていたご婦人が 「 こうなると何にも捨てられないわねぇ 」 と笑いながら呟いたのにハッとして、そうだよねぇ、材料集めるだけでどれだけお菓子食べなきゃなんないんだ、と当たり前のように諦めた。
パーツ自体は美しいとはお世辞にも言えないものなのに、縦横無尽に流れる大量の色の線は現代美術的ですらあった。

ビーズ刺繍したものを額に入れて飾りたい。
なんて事を目標にすると、さぞかし見栄えのいいものを作らねば! と肩に力が入ってしまい進捗しなそう。
一日で終わるような簡単な図案を一枚、また一枚と作っていって、集まったらパッチワークにするというのなら、タペストリーくらいの大作も可能だったりして。
posted by AKA at 12:00 | 布のアトリエから