2009年05月15日

着物の洗濯には◎日和

着物の洗濯1.jpg

洗い立ての着物ってフワッとしていて、洗う度に柔らかくなるのは嬉しい。
クリーニング代節約の為、冬物のウール着物を毎日一枚洗濯して、少しづつ手入れと夏の支度をしています。
「 一日で何枚も洗う 」 というのは今年から止めました、だってタイミングを計るのが気がかりで他の事が手につかなくなるので気が重くなってしまうから。

洗う前に袖先のアール部分に布埃が溜まり易いので、袖の中の埃をブラシでお掃除します。
寝具用などの大きな洗濯ネットの中に着物を入れて、洗濯機をドライモードで脱水無しに設定してスタート。
着物をネットに入れる時 「 型崩れしちゃいけないから 」 と着物畳みしてキッチリとネットに収めて洗った事がありましたが、いざ干そうと広げてみると中は全然濡れていない??・・・。
ウールは撥水性が強い繊維だし、ドライモードはとても繊細に洗うので、ネットに入れた上に必要以上にピッチリ畳むと、中までちゃんと洗えないみたいです。
一枚で洗うならもしかしてネットも要らないのかもしれないけれど、とにかく一旦広げてフワッと入れています。

そして脱水は使わず、水を抜いて濡れたまま干します、5月の晴天日に南向きの場所に朝から干すなら40分〜1時間程度かな。
私は朝のうちにこの作業をするようになりました。
我家の物干し場は屋根が無く、日差しが強くなる時間になると、上部は直ぐ乾くのに裾はビショビショ・・・と言う風になって、均一な生乾き状態になってくれません。

湿っているうちに着物の裏からアイロンを当ててシワを取るのも順番決めちゃってます。
【 衿 → 身ごろ → また衿 → 袖 → またまた衿 → 表に返してキセを整える 】 
身丈が重要ならタテに、身幅と裄ならヨコに、一旦始めたらどちらか一方の方向だけアイロンを動かすようにしないと崩れますから、それもちょっと面倒です。

洗うと型が崩れるという心配はあまり無いけれど、どんなに洗剤が良くなっていてもウールですから、160cm以上の長さの物は1cm程度は絶対縮みます。
洗った事のないウール反物は身丈が4cm縮んだ事もあった。
それでもウールは普段の家用か雨の日用なので、私はクリーニング屋に出す気がまったくないし、新品同様の姿を留めようとも思っていません。
予防策として作る前に出来るだけ縮めてしまい、身丈は余裕をみて仕立てるようにしています。

着物の洗濯2.jpg

腰紐も洗ってサッパリ。
パリッとしていると着付けが崩れにくいので、ぐにゃぐにゃになりにくい自分に合った硬さの素材を選んで、好みの長さと幅で作っています。
posted by AKA at 12:24 | 着物のお手入れ 着付け