2009年04月16日

派手な帯揚げを染め変える

10代から使っている原色ハデハデな絞りの帯揚げを地味な色に染めたら、使えるものになるかな? って思ったのです。
なんだか10代は “ ふっくら帯揚げ ” が決まり事みたいに、絞りのものばかり何色もあって、しかも総絞りの物ってモコモコしていて収納スペースも必要。

まずは一番派手で、存在すら箪笥の中で異様に感じられる濃厚ショッキングピンクの帯揚げから試す事にしました。
カーニバル並みに派手な色だから、滅茶苦茶になっても 「 あー失敗失敗 」 とさっさと捨てて忘れられる。
絞りを湯に漬けたら伸びちゃうんじゃないか、と心配してしまいますが、絞りってそんな事ぐらいじゃ無くなったりしないものです。

帯揚げ090416.jpg

薄い焦茶色の染液で、くすんだ色に変えました。
まだ染め直していないオレンジの帯揚げと比べると若干伸びた感じですが、私としてはこのくらいは許容範囲。
きついピンクの色が少し抜けて、地色に茶色が入りましたので、ショッキングな色では無くなったかと・・・コレはスカーフとして使うつもりです。
オレンジや普通のピンクの染め変えなら、帯揚げに相応しい色に出来そう。

家庭用からプロ用まで染料は色々ありますが、個人的に使いやすいと思っているのは、 “ SEIWA ” という大手染料メーカーで出している 『 ローパス 』 というシリーズです。
製品染めに関しては今まで使った中では最も信用できます。
以前、緑色のコットンワンピをグレープ色に変えるという無茶な計画を実行しましたが、先染め生地みたいに問題なく出来たくらい、ムラなく染まる染料です。
H氏がやるとしたら、染料と助剤を使って染めて、その後、蒸す工程とかありますが、普通のご家庭では無理でしょう。
私とて染めに関しては同じ事、いちいちH氏にああしてこうしてと言うのも面倒だから、思い立った時にすぐ少量から染められて、簡単に確実にムラなく!が一番良い。
私は東急ハンズ渋谷店で買っていますが、染め物に詳しくなくても染め方の手引きがおいてあるので安心です。

ローパスには、タンパク質繊維用の “ Aタイプ( イルガラン染料系 ) ” と、植物繊維用の “ Dタイプ( シリヤス染料系 ) ” があります。
絹やウールに使う“ ローパスA ” は、酢酸という助剤が必要ですが、無くてもお酢で代用出来るので特殊な助剤は必要ありません。
本当は煮て染めるのですが、絞りの帯揚げを煮ちゃうまでの勇気は無かったので、熱いお湯に漬け込む方法でやってみましたが、帯揚げ程度なら全然問題なさそうです。( セーターを染める時は絶対煮るのですが・・・ )
手引きにも書いてない注意が一つ、複数の染料を混ぜて色を作る場合は、色同士をムラ無く混ぜる助剤が必要なので、1枚か2枚だけやりたいような場合は単色にするのが無難だと思います。
posted by AKA at 12:08 | 着物のお手入れ 着付け