2009年04月11日

歴史博物館と佐倉散策

『 錦絵はいかにつくられたか 』 の展示が見たくて、佐倉の国立歴史博物館へ。
浮世絵も他の展覧会で多く見かける花魁系と少し違った目線のコレクションで、大店の広告とか面白いものがあったりする。
流石に国立って事だけあって、常設展示も見ごたえがあった・・・何で今まで来なかったんだろう?
成田山はお参りに行くことが結構あったけど、特に目的がなかったためか佐倉へ出かけるのは初めてだと思う。

佐倉090412_2.jpg

古代から昭和までの風俗や建物や街並やらが再現されていたり、難しい薀蓄無しで、楽しく見られるように工夫されていました。

佐倉090412.jpg

その後、武家屋敷とか旧堀田邸へ。
NHK大河ドラマ『篤姫』で、老中・堀田正睦を辰巳琢郎が演じていて、ゆかりの地として佐倉藩が取り上げられていましたが、TVで初めてこんなトコあったのねーと知ったのでした。

しかし、桜の終わり頃という季節にもかかわらず、猛烈に暑かった! 完全に日差しは夏ですね。
佐倉あたりだし・・・と藍の大島紬という軽装で出かけたにもかかわらず汗かきそうになった。
コレで暑いとなったら、何着ればいいというの?
もしかしてもう単衣の襦袢にしなければならないのだろうか?
posted by AKA at 12:22 | 着物いろいろ話