2009年04月05日

普段着の水玉の着物

水玉模様の着物はぶらぶらと近所を散歩したりする場合、リラックスムードがあるので、普段良く着ます。
とくにコレは着心地が満点なので、子供っぽい雰囲気なのにもかかわらず、つい着ちゃうのです。
普段着は着心地重視。

着物090405.jpg

塩沢お召しの、かなりシボが高くて風合いの柔らかい着物。
お召し着物は縮緬や一越のように重いものもあるし、これみたいにフワッとしているのもあったり、当然の事だけど産地や作り手の違いで着心地は一枚づつ違っていて色々ですね。
気楽な調子に相応しく、着物合わせは気を使わず、手に取った帯を合わせたりしてその日気分で。

着物コーディネートとか、そういうなにか着地点を見つけ出す作業はまったく不似合いな着物とでもいうのか。
合っていても合っていなくても 「 あっ、そう 」 って空気があるので、着ているこっちも気が抜けます。
posted by AKA at 10:30 | 着物コーディネート 紬