2009年03月31日

着物で温泉旅行

温泉旅館に泊まる時に着物を着ていくと、はだけたり寒々しいから苦手な旅館の浴衣も、着物の下着があるから暖かく過ごせるのです。
食事の時に、崩した脚が浴衣から見えちゃったりする心配もない。
お風呂の前に着物を脱いで翌日帰る時に着るだけだし、大抵鏡台が置かれているので何の面倒も不自由もありません、むしろ着物と浴衣は色んなものが兼用に使えて便利なくらい。

山の中に行く時は、アースカラー系で紬の着物を選ぶ事が多く、帯と衿は明るめの柄にしています。
風景に馴染むような色合いを・・・と思って選んでいるのですが、いや、いくらなんでも馴染みすぎちゃったかも?

着物090331_1.jpg

今回は私の誕生日プレゼントに、猿ヶ京温泉にある 『 旅籠屋丸一 』 へ友人が招待してくれました。
こちらのお宿は10室のみで、その内1室が茶室になっています。
もちろんちゃんと茶室として利用可能なものですが、偶然私達に割り当てられた部屋がその空間でした。( 室料は均一 )
建物に囲まれた中庭に、かなり大きな枝垂桜と離れの2間続きの茶室。
障子だけでガラス窓はもちろん雨戸も無い窓もあるので、真冬だったらかなり寒いかもしれませんが、これからの季節はなかなか面白い空間だと思います。
茶室の障子を開けると庭が眺められて、出入りもできます。
泊まる部屋でプチお茶会などしてみるのも面白いイベントになりそうですし、持込なども厳しくなさそうです。

旅籠090331_2.jpg

こちらはフロント?
いえいえ、蔵を改装したお風呂場のお休み処です。
小さい規模でエコノミー料金ながらも、ファシリティーに不足はないし、工夫や趣向が色々ある宿でした。
posted by AKA at 12:55 | 着物いろいろ話