2009年03月14日

東日本で一番の梅林

もうすぐ春なんだな、とつくづく実感させてもらえるので梅の花は好きです。
品種を色々見たい人は観光梅林がお好きかもしれないけれど、私は箕郷の蟹沢梅林が大好きです。(合併が多くて・・今は高崎市になってますね)
例年より早め、今週から満開で見頃でしょう。

梅090314

現在約10万本という規模、本数は東日本で一番のはずです。
ここに比べれば湯河原( 4千本 )、青梅の吉野梅郷( 関東一と名乗っているけど2万5千本 ) などは見ても物足りない感じさえします。
まぁ、以前も書きましたが、群馬の人って宣伝が下手で、自画自賛しない性格のようなんで、どこもマイナーになっちゃうんでしょうけど、30分くらい移動するとやはり大きな安中市の秋間梅林( 3万5千本 )もあるのでハシゴも出来ます。

観光梅林は色々な品種が植えてあるので、植物鑑賞には良いのですが、“ 圧巻 ” という印象にならない事も多い。
梅は桜と違って花が若干小ぶりだし、寒さもあってか何か寂しい感じがするのは否めないので、とにかく集団力で見せつけてもらわないと 「 おおー 」 って満足感が得られない。
だから5〜6部咲きという程度では出かけないほうがいいでしょうね。

箕郷の梅林は食用目的に栽培されている梅の産地ですので、花が面白い形状になってはいないけれど、どこまでも梅、一つの山が梅って感じなので、写真も梅の塊のように撮れるし、何時間かかけて真っ白に染まった里山をトレッキングしたりと満喫感は非常に高いですよ。
posted by AKA at 12:58 | 色々な時間