2009年03月09日

小紋の着物の帯選び

小紋の中でも全体的にビッシリと模様が入っている着物は、帯のコーディネートに悩む事が多々あります。
沢山の色が使われていると、さぞかし帯の色も候補が沢山ありそうかと思いきや、むしろ大抵の帯と大喧嘩になる事が多いのです。
『 着物コーディネートで大切なのは色合わせではなく、柄合わせ 』
と言われていますが、本当にそうだと感じます。

小紋の着物090309.jpg

この着物は友人の亡きお母さんのものでした。
その友人宅で着物の整理を手伝っていた時に、「 コレはMIYAちゃんが着たほうがいい 」 と譲られました。
確かに寸法の問題があるものの、良いものなので仕立て直して着たほうがイイと勧めたのですが、彼女はこの着物には何の未練もなさそう。
着る気はない気配なので頂いたわけですが、この緻密な更紗文様の美しい着物に負けない雰囲気を持ち、且つ相性が良い柄の帯を選ぶのは案外難しかった・・・彼女もそのあたりにピンときて手放したのかもしれません。
結局、無難な着物合わせはワントーンの帯ということになりました。

今回は白の帯を組み合わせていますが、白系ワントーンはとっても着物に合わせやすい帯なので、一本は持っていると便利だと思います。
小紋に合わせる帯なら、クリーム色などの織帯か刺繍帯などが重宝します。

着物コーディネート090309.jpg

粋な唐草模様にも、豪華な模様の着物にも、優しい色合いの着物にも無難に使えます。
もちろんそれぞれの着物にはもっとバッチリのコーディネートがあるかもしれませんが、一枚の着物に最高の相性の帯をいちいち用意出来る余裕が誰にでもあるはずないので、他の色が入らないワントーン模様の帯を持っていると着物のコーディネートが楽になる気がします。