2009年03月07日

早春の庭に華やかな花

季節やその温度って花の色に影響が大きいのでしょうか?
春になるとピンクや水色などの軽やかな色の花が咲くようになり、夏にはオレンジ系など濃色の花、秋から冬へと向かう頃にはカワイイ色が減ってきて、ボルドーや赤系の渋い色花が多くなる。
冬は寒さ堪えてますという雰囲気が花からも感じられて、辛抱辛抱・・・と私も自分に言い聞かせるのです。

クリスマスローズ090307.jpg

クリスマスローズはこの時期には貴重な大きめの花を咲かせる草花。
実際は名前と違ってクリスマスには咲かないのですが、冬らしい名前でいいじゃないですか。
白がクリスマスローズ( ニガー種 ) ボルドー色がレンテンローズ( オリエンタリス種 )ですが、レント− 聖灰水曜日からイースターまでの期間 −が由来となっていて、レンテンローズは名前どおりの時期に咲きます。
レンテンローズのほうが大型で花数も多いので、育てるならこちらのほうがオススメです。

下向きに咲く花を眺める機会は、この寒い時期ではあまりないので、ちょっと躊躇しながらも潔く切って室内に持ち込みました。
自分で育てた花を眺めながら食事をしたりするのは、立派な花じゃなくても、すごく幸せな気分になります。
posted by AKA at 12:17 | 植物の色