2009年03月05日

赤い着物のコーディネート

派手な赤い着物を地味に着れる色合わせはあるのか? そう思って数日、赤の着物ばかりで過ごして検証してみました。
グレーを合わせたり、青系を合わせたり、薄い色を合わせたり、今までも持ちネタで試してきましたが、他の色を組み合わせると余計に “ 赤 ” が引き立ち、目立ってしまう。

『 着物合わせの基本 』 というものを信用すれば、「 無難な着物の色合わせは、着物と同系色の帯・小物合わせる 」 という説がある。
同系という事はこの上更に赤の分量を多くするのか! と懐疑的になるものの、とにかく試す。

赤の着物2.jpg赤の着物1.jpg

着物の赤より地味な赤系ですべてまとめてみました。
そうですね、個人的には他の色が隣にくる組み合わせよりは無難かもしれないと思う・・・でも、何の色を組み合わせようと、赤の色の部分が地味に感じられる様にはならないという結論ですね。
とにかく帯などは大きな柄モノは避けるべし。

モダン系の筆頭、赤と黒の着物合わせならどうなるかというと、地味にという目的からは最も遠くなったであろう色合わせ。
ただ、個人的にはこういうのは嫌いではないです。
足袋も黒系で下駄も黒にしました。

赤の着物3.jpg

若い時から着物を着ていれば、かなりの確率で赤系の着物はあるはずです。
私も友禅などの華やかな物は、もはや到底着れないので実家で管理してもらっていますが、縞の普段着はまだローテーションに加えたいという執着があります。( なにせ自分の作家名を −アカ− にするくらい自分色なので・・・)
赤の着物は首から下が赤くなるのだから、どういう着物コーディネートにするにしても、赤が心から好きじゃないと着れない色です。
自然界で一番目立つ色という定義は、工夫ではどうにもできませんでした。


posted by AKA at 12:28 | 着物コーディネート 紬