2009年03月03日

いばら姫−様々なラストシーン

“ 眠れる森の美女−いばら姫 ”のお話で一般的に知られているのはグリム版だけど、じつは童話集によってはものすごいラストシーンになってて驚いてしまう。
もはや子供には教育上、聞かせられないような話になってるものも・・・

誕生のシーンや魔法使いのシーン、城がイバラで包まれるまでは細かな違いはあるものの、そうストーリーに影響はない。
『 100年の眠りから覚める 』
ココから “ 王子様が現れキスで王女が目覚め、幸せに暮らす ” っていう私の子供の頃から大好きだったお話を、粉々に打ち砕くストーリーが待ち受けていたのです。
童話を題材にしたテキスタイルプリントを制作中に、色々調べていて知った事ですが、お城や花や王女さま・・・メルヘンチックな布模様を作ろうとしてる気分が急降下しました。

いばら姫090303.jpg


ペロー版の場合 < 軽めの変化 >
王女は100年眠ったら魔法が解けることになっていて、王子が迎えにきた時に自分で目を覚ました。
王女は子供を二人生む、だが王子の母親が人食いで、子供は食べられそうになるところを王子に助けられるけど、王女は気が狂って自殺してしまう。

バジレ版の場合 < 重めの変化 >
王女が眠る城を鷹狩りで偶然訪れた王は、眠ったままの王女と結ばれ、王女は眠ったまま双子を生む。?!
やがて糸が取れて王女は目覚め、王も王女の事を思い出し、再び城を訪れ出産を喜ぶが、また国に帰ってしまう。
帰ってからも王女の事が気にかかる王の様子に気が付いた妻の王妃は、双子をスープにして王に飲ませようとするが、料理人が山羊とすり替え子供は助かる。
次に王妃は王女を火炙りにしようとするが、王の怒りをかって王妃が火に投げ込まれる。

すごい昼メロのようなストーリー。
ヒロインが眠ったままレイプされたり、寝たまま子供を生んだり、捨てられて置き去りにされたり、相手は妻帯者だったり、子供が食べられそうになったり・・・もう童話じゃないでしょこれは。
posted by AKA at 12:39 | テキスタイル-絵のような布