2009年01月31日

足袋を手作り

白足袋はすごく安いものもあり、わざわざ素人が作るほどの利点はないだろうと思いますので、足袋を自分で作るのは柄足袋と色足袋のみです。
そろそろ普段着用の足袋を補充しなければ・・・と大分前から気付いていたので、ちょっと面倒だと思いつつも作業を始めました。

前回まで新宿のオカダヤで買った足袋の型紙を利用していましたが、何度調整しても足にピッタリこなくて、この型紙を使うのは断念。
私は普通の人より足の甲が薄いので、一般的な足の方は売ってる型紙を使えば楽だし、コハゼなどの材料の入っていて便利でしょうね。
今回は気に入っていたカタチの白足袋がボロになったので、分解して型紙を作りました。
糸を解く前に足袋に合印を付けます。
指先のギャザーの始終点・踵の合わせ・コハゼの位置・コハゼ掛けピッチなどを足袋に線を付けておいて型紙に写取ります。

足袋090131.jpg

以前はカラフルな花柄とか、大胆なチェックとか、見ていて面白いような柄足袋を作ったりしましたが、出番は極端に少なくて、自分には不要なアイテムだということがよーーく分りました。

今回作るのは無地で素材感あるものや極細かい柄。
家にあった生地がほとんどで、手ぬぐいだった物や着なくなった洋服を利用していますが、一部例外はベージュ系の別珍やチェックや水玉などの生地、こちらは家に無ければ買ってでも補充します。
生成り・ベージュ・クリームなどの色はどんな着物にも合わせられる色なので、沢山あると便利です。
裏生地に大胆花柄などを使ったりするとカワイイ足袋になりますね。

足袋の作り方へ
posted by AKA at 13:47 | 着物まわりの小物を手作り