2009年01月30日

針葉樹のモチーフ

杉の木シルエットに花模様など実際ありえない組み合わせだけど、絵の世界では針葉樹も優しい感じになります。
針葉樹って生真面目で無愛想で冷血漢な感じ・・・その整然とした印象が案外図案にし易い理由だったりするのだけれど。

テキスタイル010130.jpg

森の中をドライブ中に変化のないビリジアン色の杉林がずっと続くと、ただ建材を眺めている気分になってきてウンザリしてしまう。
棒立ちで等間隔に並ぶ姿は軍人のパレードすら思い起こし、隙のない完全無欠の存在って、なんて魅力のないものなんだろうと再認識してしまうのです。

だから針葉樹を描くときは可愛く、少々滑稽な感じに。
完全無欠のイメージを和らげてあげれば親しみやすい存在になるかも。
posted by AKA at 13:58 | テキスタイル-絵のような布