2009年01月24日

色落ちする下駄の鼻緒

以前、傷になりやすい下駄の話題で登場したケイタ・マルヤマの鼻緒を草履に挿げ変えました。
黒・白・赤の王道の配色は着物に合わせやすく便利で、鼻緒の刺繍も気に入っていたので、下駄にしておくよりも草履にしたほうが出番が増えるし、長持ちするだろうから、鼻緒が痛む前にやり変えてしまう事にしました。

草履090124.jpg

職人さんに鼻緒を見せると 「 ああ、これワナ生地だから足袋で履くのに向かないよ。色落ちするから 」 と忠告されました。
今まで選んだり、作ったりした鼻緒は全部本天という素材でしたが、ワナ生地は下駄などに使われる材料で、浴衣の時に素足で履いても足当たりが良く、滑りが良いのだそう・・・知りませんでした。
今まで足袋で履いてても色落ちした事は無かったからと説明して、草履にしてもらいましたが、濡れる可能性がある日は絶対履かないようにしようと思いました。

今回は他の注文もあったので、浅草の長谷川さんでお願いしましたが、お草履の値段が最近値上がりしたようです。
カジュアルにしたかったので、小判型の踵が二枚にしましたが、注文した踵三枚の方はかなり高くなったなと感じました。
他のお店も値上がりするかもしれませんね・・・買う予定がある人は早めの購入が無難かも。
長谷川さんは問屋さんなので平日17時までの営業でしたが、今年からは第二土曜も営業するようになり、お勤めの方も利用出来る日が増えました。
 
posted by AKA at 18:20 | 和装小物について