2009年01月17日

絶滅寸前の縁側空間

朝から夕暮れ前まで、お日様が燦々としている日には暖房要らずの暖かさ。
夏なら何時も風が吹きぬけて快適。
日本の風土に適った空間として設えられてきたはずですが、今や縁側を作る家なんてちょっと無いですね。
一つの部屋として使うには幅が狭すぎるし、壁面も突き当たりにしか無いのですから、家具とかもあまり置けません。

ウチには今時珍しく “ 縁側 ”のスペースがありますが、正直言って有効活用できているかどうかは微妙です。
かなり日差しが入るので、洗濯物を乾したり、植物の温室には便利なんですが、どちらかといえば唯あるだけの空間になってしまっていました。

縁側090117.jpg

でも何年か前から、縁側の日中の快適さがカンペキなものだから、ここをアトリエにできないかな・・・と思っていたのです。
結局、材料や道具の事もあって無理だという結論にはなりましたが、刺繍や和裁などの手仕事なら持って移動するのも大変というほどでもないので、まずは作業限定で使ってみることにしました。
家具を置かずにペタンと座るのが縁側のイメージなので、キリムを敷いて座布団に座わると、狭い空間に6枚窓なので太陽だけで体が暖かい。

昔の映像など見ていると、お昼寝したり、野菜を乾したり、洗濯物を畳んだり、色んな事を縁側でやっていたようですが、普通は1階に作るから昨今の世情を考えると防犯上ありえないかもしれません。
それに乾物も作らないし、サザエさん家みたいに洗濯物乾せる庭はないし、昼寝する時間もない・・・
ああ、縁側はもう日本には不要?
家具も無く、テレビも無く、PCもなく、不便だけどポカポカって場所もいいものなんですけどねぇ。

posted by AKA at 12:47 | 布のアトリエから