2009年01月10日

自分で漆喰壁を作る

漆喰壁09011.jpg

1階の水回りの黒カビに悩まされて、一大決心で漆喰を塗りました。
漆喰は自ら呼吸をする建築材で、湿気に非常に強く、蔵などに多く使われる事で有名です。
ですからカビなどにも効果があるかもと考えてやってみる事にしたのですが、効果は思った以上でした。
まずRC建築では悩みの種、冬場毎日起る “ 結露 ” が無くなりました。
他の部屋は窓とかドアとかビッショリですが、漆喰壁にはそんな事は全然起らなくなり、湿気無い→カビも生えない、ということなんでしょう。

ベリベリと既存のビニールクロスをはがすと、 恐ろしい事にその中はカビがビッシリでした。
カビキラーを部屋中に撒き、カビを殺してから作業スタート。
売っているのはほぼ白漆喰ですが、我家のように色を加える場合は、漆喰用または白セメント用の染粉を入れます。
この染粉は複数の色を混ぜて好きな色を作れるのが便利なところですが、染色や絵を描く経験の無い方は少しづつ加えて、作ったものを少し取り出してドライヤーで乾かして色確認しましょう。

漆喰の他は左官屋さんでおなじみの “ 鏝 ” を買い、プロじゃないので細かいコーナーなどは油絵用のペインティングナイフを使いました。
マスキングテープを廻縁に貼り、後はひたすら塗って行くだけです。
作業はどう楽観的視点で見ても決して簡単とは言えません。
ビニールクロスのように、家庭で扱えるような工夫は一切無い職人技術のジャンルなので、自分でやるならこんな程度の仕上がりだろうと鷹揚になれる人はやってみて下さい。
もちろん私も初めてで悪戦苦闘し、ヘトヘトになりましたが、それでも変チクリンなビニールクロスより、よっぽど気に入っています。
トイレ1カ所でも丸1日、色を付けた漆喰は全部まとめて作るか、染料の量を厳密にしないと、壁の途中で色が変わるので、密閉して保存し、何日も作業しました。

そんな壁にAKA+Hのテキスタイルパネルをかけました。
季節の折々に絵を移動させたり新作を飾ったりして楽しむので、壁の雰囲気は重要です。
posted by AKA at 11:36 | 布のアトリエから