2008年11月06日

刺繍半衿の洗濯

刺繍されてる物は 「 洗うと、どうなってしまうのだろうか・・・?」 とビクビクして、ついついお手入れが後手後手になり、クリーニングするの忘れて放置したり、むしろ汚れが落ちなくなったりしてしまう。

汚れって最初は無色なのに後から変色して浮き出してくる。
そうなるとなかなかキレイになってくれないので、半襟に汚れのラインがついてしまうくらいなら多少刺繍が縮んでも洗ってしまおうという考えの持ち主です。
お手入れ方法にはベンジンで拭く、という王道もありますが、ベンジンだけだと後でシミになると聞いた事があり、アンモニア水で薄めるとかしないといけないのかもしれない。
なんだか揮発性の薬品は、そこにある汚れをどうして抹殺できるのか? が理解できず、水に流す方を信用してしまう原始的頭脳が悲しい。

刺繍半衿081106.jpg

右から
★化繊生地に化繊糸刺繍の半衿
ネットに入れて普通に洗濯機で洗って、そのまま普通に乾してます。

★綿生地に綿糸刺繍の半衿
糸に毛羽立ちが出やすく、縮みが強くて、生地・糸両方縮みますね。
漬け置き洗いをして、水気をタオルで取り、生乾きでアイロンをします。

★正絹生地(しぼの無いもの)に化繊糸刺繍の半衿
糸の縮みは強くないけれど、シワが出やすいので、アクロンやエマール、シャンプーを多め水で溶いて、10分以内で漬けます。
すすぐ時も泳がすようにしていますが、小さな洗面器などだとついつい手の動きで生地にシワを作るので、お風呂場の床に平置きして、シャワーで洗う方が型崩れやシワになりにくいと思います。
ビショビショのまま竿にかけてから、タオルで優しく挟みます。
水気がまだあるくらいのタイミングで裏からアイロンをします。

★正絹縮緬地に正絹糸の日本手刺繍の半衿
どんな事情があろうとも、絶対に自分で手入れをするのは止めましょう。

今日は仕事前に付きっきりで手入れをしました。
洗いっぱなしや乾しっぱなしは厳禁なので、ちゃんと時間が取れる時を選んでいます。
もちろん、自分で洗わず、都度クリーニングにちゃんと出すほうが仕上がりは綺麗に決まっていますけど。

posted by AKA at 12:59 | 着物のお手入れ 着付け