2008年10月28日

縞の着物

秋の着物はこっくりした色合わせにするほうが気分にはまるでしょうし、秋の着物イメージにピッタリでしょうが、そんな季節感を楽しめないコーディネートをする日々が続いています。

展覧会の準備で慌しい日々なので、すべての長襦袢にあれこれ半衿を付けてスタンバイ、という体制で着物生活に臨めない状況なものですから、外出の時は、たまたま付けてあった半襟に無難に合いそうな着物は・・・という選択をするしかありません。
こんな時は 「 確かに白衿は便利なのかもしれない 」 と思います。
着物と合うとか合わないという感覚とは一線を隔しているので、あれこれ付け替える煩わしさからは開放され、清潔さを保つことのみに気を配れる。

着物081028.jpg

でも私は白衿派ではないので、あまり半衿の事に手をかけられない状況の時は、自分の持っている着物にあわせやすい色を付けておきます。
私の場合は “ 灰桜色 ”“ 鳥の子色 ” などを付けておくとコーディネートの許容範囲が広いので頼りになる色です。
posted by AKA at 12:33 | 着物コーディネート 紬