2008年10月24日

着物のシルバーアクセサリー

使わなくなった大きめのイヤリングをリメイクして、着物の時に使える根付にしました。
「 これだ! 」 と思って作ったわけではないのに結果的に万能選手なアイテムになってくれて、コーディネートが楽で助かります。

シンプルであまり華のない感じの着物には、ちょっとしたアクセサリーを加えると洒落感が増すけれど、帯留は帯と一体感の存在の為に柄の相性とか色々あるので、後からちょっと足すには悩ましい事もある。
それに比べて根付は後からスッと帯に入れるだけだし、純粋に付属要素なので気楽に着けられるから依存度が高くなってしまうのです。

根付081024.jpg

シルバーは邪魔にならない色なので、どんな色の着物でも、古典柄でも現代柄でも、染物でも織物でも、何にでも合わせやすくて便利です。
和の感じにしなくちゃ・・・
なんて組紐と合わせたりするよりシルバー一色にしてしまったのが正解でした。
だから買い足したのはチェーンの部分だけ。
しかもたったの10cm。
だからちょっと贅沢な、太くて個性的なものを選んでいます。

写真の新作図案のレース模様、カジュアルな半幅帯を自分用に作ってみようかな・・・要検討事項にしましょう。

posted by AKA at 17:45 | 和装小物について