2008年09月06日

桃なのにマンゴー味

期待しつつ口にした“ 黄金桃 ” 第一印象は 「 これ、桃? 」 って感じでした。
知らずに食べたら、あっマンゴー♪って言ってしまいそうなくらいに、色、食感、味、すべてがマンゴー化しています。
もともと味の構成が似てる二者ですが、ゴールデンピーチは桃とマンゴーの境界線をユラユラと歩いてるような味でした。

黄桃080906.jpg

黄桃って生と缶詰では全く住む世界の違う果物みたい。
食品売り場の棚には100円程度で山積みで売っていて、みかんと並ぶフルーツ缶詰界の庶民派だけど、生って目にしないし、味もネクタリンの親戚のようなもの、と勝手に結論づけていました。

先日、某高級フルーツ店の店内に足を踏み入れ “ ギフトコーナー ” に何気なく目を向けると、『 ゴールデンピーチ 』 とやらが棚一杯に箱詰めで並んでいる。
近くにあったケーキケースの中を見ると、やはり旬なのかゴールデンピーチのケーキが並んでいる。
しげしげ眺めると真っ黄色の果肉。
おおっそうか、これが黄桃ってものネ♪
桃好きとしてはグッと興味が湧き、ギフトコーナーに再び目をやり値段を確認するが、値札を見た途端に目が点になった。
“ 5個入りギフトケース 12,600円(税込み) ”

桃ですよね? 黄桃ってそんなに貴重なものなの?
いくら高級品を揃えて名高い店とはいえ、桃が一個2500円もするのか・・・。
もう少し小さいとか不恰好とか容姿端麗でないコを探して買ってみようと思っていたら、何と義父が持ってきたからタイミングの良さにビックリした。
この間の容姿端麗な外見に比べれば見劣りするけど味見には充分でした。
普通の桃より値段が・・・でも、食べた後の満足感が高かったので、また買ってしまうかもしれない。

posted by AKA at 23:18 | 色々な時間