2008年09月02日

竹のメガネと眼鏡の町

竹が使われているメガネがすごく良さそうで、竹で珍しいデザインとはいえフレームのみで4万円以上する商品だから、鯖江に直接行って色々見比べたい。
福井県をドライブ中に相方Hにそう言われた時、工芸品や農産物じゃあるまいし、工業製品を産地でなんて聞いたことがない・・・と正直思った。
R8号バイパスには確かに “ メガネの町鯖江にようこそ ”の大きな看板はあるものの、ショールームもメガネ屋らしきものも街には全然見当たらない。

メガネ080902.jpg

『 ほーーら、やっぱり 』 と心で笑ったが、相方が少し気の毒になった。
「 こういう時はねっ、駅の観光案内所に聞きに行くものだよ♪ 」
励ましつつ車を一路鯖江駅に向け、駅の小さな物産コーナー兼観光案内所を見つけると、とにかくこれで決着が付くだろうと相方を見送り、車で待機していたが、20分以上経過した頃ようやく興奮した様子で戻ってきた。

「 お金!お金! 」

何事かと話を聞くと、メガネが物産コーナーに5・6個だけ展示してあり、そのうち一つが竹のメガネだった。( そんな偶然が! )
親切な観光案内所の人が、その会社に電話して事情を説明してくれたらしい。
『 当社はショールームが無いし、竹のシリーズは人気で今は京都にしか商品がない、物産館の展示品は売り物ではないけど、宜しければ折角ですから¥7000でお譲りしましょう。 』
と親切に対応して下さった、福井まで見に来る熱心なHに神が味方したのかも。
本命は竹が1本ストレートになっているデザインだったらしいが、そんな希望を言ってる場合じゃない、この値段・・・買わないでどうする的状況。
信じがたい気持ちのまま、観光案内の二人の親切なおばさんに支払うと

Aさん 「 メガネって何に包めばいいの?お菓子の袋じゃ不味いわよね? 」
Bさん 「 展示してある眼鏡ケースに入れちゃえばいいんじゃない? 」
Aさん 「 あれ、売り物みたいだけど・・・? 」
Bさん 「 この際いいんじゃないの、他に包みようがないわよ 」

こんなやり取りの末、好きなケースを選んで良いと言って下さり、どうやら売り物らしき眼鏡ケースまで付いてきた。
福井の人はとっても親切なのか・・・それとも太っ腹なのか?
産地というのは、やはり立ち寄るべき場所! かどうかは今も半信半疑。
posted by AKA at 12:52 | 色々な時間