2008年08月02日

トマトの色と美味しさの関係

トマト080802.jpg

短期間に食品に関するあらゆる騒動が頻発していて、自分で食べ物を調達出来る能力の無い人間は餓死する時代が・・・という大袈裟な危機感がフッと脳裏を横切り、 「 鑑賞用の花ばかり育ててる場合じゃない!? 」 と菜園への興味が湧いてきた。
そんな時代に向けてのささやかなトレーニングのつもりで、大きめの鉢でミニトマトを育ててみました。

もう花の栽培で培った知識などガラガラ崩れて行く。
スタート時から脇芽を出してしまい、大失敗。
花は脇芽を出させることで沢山の花数を育てるが、トマトは一本立ちで2メートルくらいに育て上げる事も知らなかった。
あれこれ頑張ってチャレンジしましたが、結論を一言。

「 農業の方々、偉いです! 感服です!  
PCを少しばかり出来たり、少しばかり器用でも、私は自分の食べる物すら自ら作れなし、狩猟も出来ない。 動物としての能力は最低レベル以下です。 」

赤い果実の色は動物の本能で、美味しい色、食べたいという反応をすごく刺激する働きがある。
だから真っ赤に熟していく自分で育てたトマトを見て、これから毎日サラダに入れよう♪ と意気揚々と口にしました。
何でしょう? この・・ものすごく厚くて硬い皮。
そしてその強靭な皮を噛み切った時に溢れ出る猛烈に酸っぱい果肉!
赤くなれば完熟という定義はアマチュアには通用しないようです。

でも絶対来年もリベンジして、沢山勉強して、絶対今年より美味しいトマトを育てよう。
posted by AKA at 12:21 | 植物の色