2008年07月03日

かんざし七変化

着物の時に髪型をシニョンにしたり、洋服の時と同じようなヘアスタイルでカジュアル感覚にする事もあるけれど、服と違って欠かせないのが “かんざし” の存在だと思います。
シニョンに玉簪を一本挿す。
これだけでぐっと着物ヘアに近づけるので、ヘアアレンジが苦手な人でも簡単ですね。

かんざし080703.jpg

先日千葉の佐原にある古い町並みを散策していたら、トンボ玉のお店があったのでふらりと立ち寄ってみました。
そこで見つけたのが好きな玉をつけられる簪スティック。
店内のトンボ玉には目もくれず、これは絶対便利に違いないと秒速購入しましたが、お店の方には 「 あの・・・これだけでいいんですか・・・?」 と聞かれてしまいました。
パーツ沢山持ってるので、ちょっと申し訳なかったのですが、予感の方は的中、ものすごく便利です。
一本持ってれば四季折々の雰囲気や、着物の色に合わせた簪が色々楽しめて、その上スペースセーブ&コストセーブになる。

先端の丸いボールがネジになっているので、パーツを入れて閉めるだけ、なんの工具も要りません。
早速あれこれ試しに付けてみました。
トンボ玉だけではなく、ロンデルやシルバーパーツなど工夫すると、着物〜普段の洋服〜フォーマルまで色々な雰囲気のヘアスティックになるじゃないですか!

無難なシルバーを買いましたが、ゴールドも使えるかも・・・またどこかでトンボ玉のお店があったらチェックしてみよう。
posted by AKA at 12:29 | 和装小物について