2019年01月02日

2019 お正月の着物

190101_1.jpg


皆様 あけましておめでとうございます。

今年は初詣にも出かけず、唯ひたすらに食べているだけという何時になくまったりとした元旦を過ごしました。
元旦くらい自堕落に過ごすのも良いものです。

何処にも出かけないからといって、部屋着でグダグタとするのは元旦らしくないので、それらしい着物は着ました。


着物190101_2.jpg


シンプル着物に袋帯。

袋帯を締めるだけで、気持ちがピシッとしますね。

でも、夜になったらちょっと重さを感じてきて、辛くなった。
外出時は一日中重い着物でも平気なのに、何か気合が違うのでしょうね。

家で袋帯に懲りて、今日は普段着の着物で本格的にまったりモードを満喫しました。

2019年01月06日

紬小紋で初詣

着物190106_1.jpg


昨年と同じく日光東照宮に初詣。
去年より暖かくて、お天気も良かったのでこの時期の日光としては快適。


着物190106_2.jpg


一応寒さ対策でかなり暖かい上代紬の小紋を着ました。

着物はお正月っぽさゼロ。
ランチもお正月っぽさゼロ。

今年はあまり気合が入らないお正月となりました。



2019年01月18日

黒羽織 リメイク

着物の整理をしていたら、手元に黒羽織が数枚あった。
「 もう着ないから 」と譲られた着物の中に黒羽織が入っていることが多かったからだ。

着物を頂くのはありがたい事なのですが、自分の黒羽織ですら着ていません。
しかも、黒羽織っていうのは、柄違いで何枚もバリエーションを必要としないジャンルなんですよね。

喪服の着物は必要か? ” の記事でも書きましたが、ほらね、やっぱり黒羽織は要らなくなるものじゃないの・・・と確信してしまいました。

そこで、黒の反物は外の色に変えられないのでリメイクしました。

着物190118_1.jpg


ペチパンツ。
正絹で!

真冬にロングスカートのインナーにすると、静電気の防止効果が絶大。
ペチコートよりペチパンツのほうが確実に暖かいです。
薄手の正絹で作れば、ルーズシルエットのパンツの中にINして重ねても大丈夫そう。
キュプラと同等の効果ですが、体温を逃さずキュプラよりはるかに優秀。


そして、羽裏は

着物190118_2.jpg


丁度正絹のお腰を作り変えるタイミングだったので、裏地に活用。
黒羽織の羽裏は例外なく白無地なので、何かに面白く使えるようなことは無いし、長さも少ないので、二着分を一気に消費。

他の使い道が絶たれると、惜しげなく使ってしまえるものですね。

posted by AKA at 18:58 | 着物まわりの小物を手作り