2017年06月06日

ミシンは突然壊れるものです

1針前まで普通に縫えていたミシンが、突然 「 ガンッ! 」 という音を立てて止まった。
ペダルを踏んでいたので、ブーーーンというモーター音だけが響いているいるけど、プーリーは全く動かず、針は微動だにしない。
ポカーーンという感じです。
何か絡んだのかと、外せる部分は取って内部を良くみたり、ありとあらゆる部品に油をさしたり、色々試みてみるも全く状況は好転せず。


諦めてミシン屋さんに来てもらったところ、可動時間が多いのに対してメンテナンスが足りず、グリスが取れて、内部の何処かに金属片が噛んでしまっているらしい。
こういう状態で無理にプーリーをグイッと回すと、再起不能になってしまうらしい。
モーターは大丈夫なので、オーバーホールで直るとの事。
あぁ、よかった。


しかし、安心したのも束の間、修理が激混みで今日受付ても順番待ちで、半月から一ヶ月かかると告げられて困ってしまいました。
とにかく春は修理が殺到するらしいです。
私のトラブルとは真逆の理由で。


ミシンを所有していても全然使う事がなく放置しているご家庭が多く、子供の入学やら、引っ越しやらを期に、突然何かを縫おうという状況になる。
使わないから内部はサビが付いたりしているのに、そのまま動かしてしまい、そして故障。
こういうパターンが物凄く多いそうです。
折角ミシンを持っているなら、たまには不要なタオルで雑巾くらいは縫ってあげたほうが良さそうです。


テキスタイル170606_1.jpg


私はそんなに長い期間ミシン無しで過ごせません。
悩んだ末、修理は諦めて買換えました。


でも、機械は数年経てばどんなジャンルでも高性能に進化するもの。
作業の快適度は上がるので、あまり使い慣れたものに固執しなくてもよいジャンルだろうと、今回の突然の出費を納得する事にしました。


テキスタイル170606_2.jpg


オーダー頂いた新作柄のバッグ。
好評だったパープルで、シック系の雰囲気のものをお作りしました。


今月の末にはまた展示・販売があるので、しっかり油を与えながら、新たな相棒のミシンには頑張って働いてもらいます。
posted by AKA at 21:37 | 布のアトリエから

2017年06月20日

初夏に赤い帯

夏に真っ赤な帯を締めることがあまりなかった。
ちょっと暑苦しい感じがするのではないかと躊躇してしてしまうから。


でも最近は浴衣のマネキンを沢山目にすると、案外赤いコーディネートも多くて、それがとても素敵だと感じる自分が意外。

真っ赤なルージュや真っ赤なマニキュアを目にした時、凄く魅惑的で、同性でもちょっとドキッとするようなあの感じに似ている。


着物170619_2.jpg


着物170619_3.jpg


夏に赤を取り入れるなら、こんな風に遠慮がちなコーデじゃないほうがいい。
大人しい着物に赤なんて全然魅惑的じゃなく野暮ったい。
そんな風に感じたクリーム色の紬。


170619_1.jpg


菖蒲の姿を見ると、この凛とした風情が夏の理想と思ってしまう。
魅惑的で凛とした赤い帯の女。
そんな雰囲気が出せたら素敵だろうな。
posted by AKA at 00:03 | 着物コーディネート 紬

2017年06月25日

花の平標山

毎年 「 今年こそお花畑に! 」 と恋い焦がれ続けて数年。
その時期が6月後半という梅雨の真っ只中な為、なかなか好機に恵まれず、振られてばかりの平標&仙ノ倉。
空梅雨で、ようやくチャンス到来です。


折り畳みイスに乗って天袋を掃除している時、掃除機のコードを引っ掛けてバランスを崩し、左臀部から落下して一週間安静にしていた影響か、登り始めから体が重くて気持ちまで重くなるものの、今年は逃せないぞ!と体に言い聞かせて歩き始める。
事故死の半分以上は自宅内というから、本当に注意が必要ですね。


170625_1.jpg


スタートするとウツギやサラサドウダン、レンゲツツジなどの低木樹の花がお出迎え。
この先出会える花々への期待が高まる。

調子が上がらないまま黙々と2時間程経過すると高山植物地帯に突入。


170625_3.jpg


いつ見ても可憐なイワカガミ。
花びらがカットワーク状で特にお気に入りのお花。


170625_2.jpg


山頂直下で汗を絞られていると、ヨツバシオガマがユラユラ揺れながら、応援してくれているようで少し疲れが癒される。


170625_7.jpg


標高差1000mほど登ってようやくハクサンイチゲの群生地に到着。
ここまで登れば気持ちの良い稜線歩きがようやく始まります。
お花畑まであとひと踏ん張り! 頑張れ打撲痛のワタシ。


そして約3時間、ついにキターーー!


170625_8.jpg


ああ〜、ようやく見れた。
想い過ぎて過大評価になる事もあるけど、これは期待を裏切らない光景でした。

チングルマやハクサンコザクラ、みーーんなキュート。
ハイジとクララが花のシャワーをやっていた、あのシーンが目の前にある感じ。

アルムの山を妄想しつつ、花畑でランチ休憩。
何時までもここにいたいなぁ・・・
そんな気分で長く休み過ぎたので、名残り惜しさを振り切って最終目的地に向け出発。


170625_5.jpg


絶好の晴天だけど、とにかく風が強い。
でも、お陰で暑さバテもせず、前回は花も無くガスの中を歩いた事を思うと、晴れているというだけで最高の日です。
ここが斜面を登った末に行きついた場所とは思えないほど、嫋やかで伸び伸びとした景色が続く。
自分の脚だけで、下から見上げた時には想像もつかない光景を体感できるシンプルさが、山の面白みですね。


170625_6.jpg


出発から4時間半、途中で楽しみ過ぎてようやく仙ノ倉の頂上に到着。
この景色の向こうまで13時間コースを行ってみたいなと思ったこともあった。
避難小屋しかないので、女性だけで縦走するのは躊躇するコースだけど、チャンスが巡って来る日もあるかもと憧れの眼差しで眺めました。

先月も残雪の山を歩いたけど、今年は雪が多かったのでまだまだ沢山残ってます。
白と緑のコントラストが美しい。


170625_4.jpg


疲れて俯きがちになっても、一歩一歩直ぐ傍に可憐な花があるなんて、本当に素敵な山でした。
花の名山平標の肩書に偽りなし!
posted by AKA at 17:41 | 植物の色

2017年06月29日

PATOとAKA+Hのコラボ展覧会

170629_1.jpg


本日からカフェ・ギャラリーリンデンにて、友人のイラストレーター柳原パトとのコラボ展が始まりました。

昨日は雨もあがって、搬入は無事完了。


柳原パト、パトの姉で私の美大の先輩でもある色々活躍のクリエーター柳原有香子お姉ちゃん、H氏、私というメンバーで、ギャラリー内でああでもない、こうでもないと賑やかに準備。
ほぼ親戚の集まりみたい。
やっぱり友達と一緒だと楽しいですね。


170629_2.jpg


今回の柳原パト作品はお買い求めしやすい小作品。
AKA+Hと色がバッチリ合ってます。
互い好きなトーンの色が近いので、並べても違和感ありません。
とっても優しい絵ばかりです。


170629_3.jpg


会場:カフェ・ギャラリーリンデン
期間:6月29日(木)〜7月9日(日) 7/4火曜日はお休み
住所:横浜市青葉区もえぎ野22−25 

最寄駅は東急田園都市線の青葉台駅(13分)または藤が丘駅(10分)です。
地図はこちら


お近くの皆様、お時間ございましたら是非見にいらして下さい。
posted by AKA at 18:25 | お知らせ