2015年07月06日

ウルトラ植物

POLA MUSEUM ANNEXで開催中のウルトラ植物博覧会を見てきました。


150706_1.jpg


希少植物の展示
といっても、園芸的目線になれば、単なる図鑑的要素になってしまいますが、造形美として鑑賞すればアート的要素は高い展示でした。


150706_2.jpg


白い空間と、弱めのライティングというのは、自然の中で植物を見るより奇異な姿を強調するには効果的ですね。
一歩入ると一気に集中力が高まります。

でも、植物たちにとっては過酷な生活環境のようでしたから、展示が終わったら、外の空気をたっぷり吸って、のびのび育ってほしいです。


150706_3.jpg


ぶどうの木に行ったら、とても可愛いティーポットが出てきました。

沢山の植物が大胆に描かれていて、ちょっとウキウキさせてくれた。
私はつくづく植物が好きなのね。
もしも、植物が身近からなくなってしまったら、このちょっとした喜びも無くなってしまうって事。
これからもっと良い関係になっていけたらいいな。
posted by AKA at 18:29 | 植物の色

2015年07月14日

7月といえば有松の浴衣

7月最初に何時も同じ浴衣を着てしまうのはなぜかしら?
本格的に夏がきたと感じると、有松の絞りに袖を通したくなり、いそいそと縁日に脚を運ぶ。


七夕150714_1.jpg


私の浴衣は変わらないけれど、飾りも屋台もその年ごとにその時らしさが感じられて、小さな変化を発見するのが楽しい。


七夕150714_2.jpg



浴衣女子が街に溢れて、なんだかワクワクしちゃいます。
そして、浴衣男子も年々増加傾向です。

今年は浴衣姿の外国人に何人も出会って、見て日本を楽しむよりも、参加して日本を楽しむようにと進んできているっていう噂は本当だったと実感しました。


浴衣はそれだけ懐深いツールであるという事ですね。
とても気軽で、誰でも楽しく着ることが出来る、本当にビバ浴衣!



浴衣140714_3.jpg


今年も出番を終えた定番浴衣。

ピカピカに晴れ渡った朝、冷たい水でザブザブと洗うとひんやりして本当に気持ちがいい。
竿に通して干すと、不揃いの白く丸い模様にお日様の光が透けながら風で揺れる。
もしかしたらこの浴衣を着る時よりも、役目を果たして小ざっぱりと洗い上げた姿を見ている時のほうが楽しい時間かもしれない。
posted by AKA at 20:03 | 着物コーディネート 普段着

2015年07月18日

カラフルな色模様

テキスタイル150718_1.jpg


突然やってきた暑さに、大きな布や重い革にまとわりつかれるのがイヤになって、手先でちょこちょこ作れる作業に没頭しました。


3mmほどのスパンコールをピンセットでつまみだして、この色にこんなのはどうかしら?
と、夢中になっていると、いつのまにか汗びっしょり。
暑さを忘れるくらい色に夢中になってしまう。

沢山の色が一度に目の前に並ぶと、異常に集中力が高まるタチなのです。


3色の色の配置で印象も変わってしまう図案ですが、その上に更にスパンコールをを其々置いていくと、個々で違った表情になるので、色々試みていてまだまだ発見は付き無さそうです。



ヘアアクセ150718_2.jpg


ブルー系はやっぱり夏を楽しくしてくれる色です。

以前は青が苦手な色だったけれど、今は季節に応じて色を楽しむことが出来るようになってきました。
posted by AKA at 17:03 | テキスタイル小物

2015年07月27日

小さい入れ物

私が今使っているお財布は3個。

実用的な厚めの折財布。
着物の時に使う薄くて大きいガマ口。
一番小さいカードサイズ。

お財布を持たずに外出するなんて考えられないほど、日常生活では当たり前にそこにある生活必需品になっているので、荷物の中でお財布の場所を確保してあげる事は当然の事だと思ってました。


テキスタイル150727_1.jpg


このカードサイズはポケットにも入る大きさで、かなりコンパクトだから小さいバッグを持ちたい時や、旅行の時は必ずコレを選んでます。

いつも一緒にいる相棒のようなお財布なのに、山にいる時は 「 これ邪魔! 」 と感じてしまう。
気になって図ってみたら48gでした。
日常では全く頓着しない範囲の重さですが・・・・


今にして思えば、家を出て帰るまで、一度もお財布を出すことなく終わるケースは多々あります。
そもそも、山でお金を使うことはあっても、お財布自体はそれほど何かの役にたっている訳じゃなかったのです。
現金や免許書をしまっておく入れ物、それだけの役割です。


テキスタイル150727_2.jpg


すご〜く簡素なものを作ったら、12gで出来ました。
こういう物のグラムを図るなんて、不気味に神経質な人間になってきたようでちょっと怖い!
それもこれも体力低下が原因。
スタッズずっしりついた財布でも気にならないくらい、何キロでも背負える、っていう体になりたいけど、もう無理そうです。


私にしては珍しくピンクらしいピンクの配色にしたのは、男前な山道具の中に見えない所で少しだけ女っぽさのあるものを加えたかったからかもしれない。
ぺったんこなので何処に入れてても邪魔にならない。
お金を入れるものとしてはミニマムだけれど、貢献度はマックスになりました。
posted by AKA at 23:54 | 布のアトリエから