2015年05月06日

春なのにモノトーン着物

春の展覧会が無事終了致しました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。


150506_1.jpg


アトリエに戻ったら、すっかり春真っ只中でした。
お風呂の窓を開けたらジャスミンが満開で、むせ返るような濃厚な香りが窓を閉めていても漂ってきます。
もし、東京に居る間に咲き終わってしまったら・・・と心配してましたが、
「 おかえり〜 」
とばかりに出迎えてくれて、疲れも吹っ飛びました。


ジャスミン香の空気を一日中吸い続けた為か、中華料理が食べたくなったけれど、敢え無く却下され、九州料理を食べに行く事に。


150506_3.jpg


酒好きの人には珍しい焼酎があったりして、至福の一時かもしれませんが、私は鳥ばっかり食べ続けました。
やっぱり中華が良かった・・・。


150506_2.jpg


連日の暑さの中、超薄い単衣を出動させました。
春らしさが感じられない、地味〜なモノトーン。
透けない単衣の中で一番薄いのがコレだったのです・・・。
ジャスミンで盛り上がった割りには一切春に対する感性が働いておりません。

展覧会でも、4月なのに単衣と絽の長襦袢という先走ったアイテムでしたが、袷の着物を着ていられる状況じゃなかったです。

出来れば春の内に、ピンクとかパープルとか乙女な色の着物で出かけたかった・・・。
posted by AKA at 18:19 | 着物コーディネート 紬

2015年05月10日

春の登山

山桜150510_1.jpg


山も春です。
桜が満開でした。


カタクリ150510_2.jpg


登山道の脇にはカタクリの花があちらこちらに咲いていて、下界は春と思えない暑さでも、山はいつも通りの春を迎えているね・・・とホッとしました。


登山150510_3.jpg


まだ雪をかぶって白く連なる山々が良く見渡せたし、人はほとんどいないし、すごい開放感。

ゆっくり紅茶を入れてのんびり飲んでいると、近くにウグイスが留まって、甲高いメロディーを延々リプレイしてくれました。
その内にちょっと珍しい鳴き方の小鳥も加わったのだけど、そちらは知らない鳥だったので分からなくて残念。

一所にじぃ〜〜と動かずにいれば、案外あちらから傍に寄ってきてくれて、双眼鏡が無くてもバードウオッチングが出来るものですね。
そういう時 「 自分も人じゃなく動物になれたのかな 」 と、ちょっと嬉しくなります。


そして、衣替えと同時に山用品も色々引っ張り出して、地味なザックをもうちょっとカスタマイズできないかと思案中。


ザックのデコ150510_4.jpg


『 山ガール 』 というアイテム増加の有難いブームが到来する以前、トルソーサイズが奇跡的なフィット感で、堅実で地味な路線だったから購入したザックです。
当時の山は地味でしたが、それにしてもマニッシュ過ぎる選択をしてしまった。
でも、色物を選ぶとすると、真オレンジ、真っ黄色、とかエマージェンシー的な色になってしまう時代だったのです。

荷物が多い時しか使わないので、10年以上経っても全く何処も痛む様子は無い。
こうなると、同じ容量クラスのザックを買換える日はくるのか分からないし、多少気分転換したくなります・・・。
とりあえず持ってた犬のワッペンを縫い付けてみたら、ほんのちょっぴりだけ可愛くなったような・・・。
元が地味過ぎてカワイイ要素が全く合わないので、不自然じゃないレベルだとこんな程度で我慢かな?


『 不必要な物は不自然 』 これが山での感覚だと思うので、山道具をデコるって発想が、そもそも頭がユルんでるんですね。
でも、このザックが目につくたびに、う〜〜と悩ましくなるのでした。
posted by AKA at 09:50 | 植物の色

2015年05月13日

フレンチプレス

「 珈琲でも飲みに行こうか 」

というと、我家では軽井沢に行くことを意味する場合が多い。

いつも買い物をするツルヤのコーヒー売場にかなり豊富なラインナップが陳列されている丸山珈琲。
とにかく、軽井沢といえば、ミカド珈琲と丸山珈琲なんだなぁ・・・って、存在は勿論知っていたのですが、なんと初めて入店してみました。


丸山珈琲150513.jpg


珈琲はフレンチプレス式。
これが何だかとっても以外でした。


メニューは今までで一番というくらい膨大過ぎて、コーヒー党じゃない私には読めば読むほど選べなくなり、深入り焙煎と書かれていたので、
「 ブレンドを下さい 」
となってしまいました。
だって・・・。

『 クリーミー 』 とか 『 フルーティー 』 とか味の説明が書かれているのですが、コーヒーの味を探究したことがないので、クリームを入れてないのにクリーミーな味の豆とは?
という具合に頭が段々混乱してきて、メニュー読みを放棄しちゃったんですね。
H氏は、かなり興味深げに見入って、気に入りそうな一杯を見つけたようです。

私はそんな適当なオーダーをした結果、ハズしてしまいました。


もともとフレンチプレスで入れたほうが酸味が生まれるって聞いた事があります。
ちゃんとスタッフの方に自分の好みを伝えて選んでもらうべきだったけど、プレスで飲むならやっぱり紅茶のほうがいいかな。
posted by AKA at 18:09 | 色々な時間

2015年05月19日

茨城の海へ

ひたち海浜公園150519_1.jpg


ふらりと " ひたち海浜公園 " へ。
ネモフィラはもう後半でしたが、ポピーがピークでした。


真夏の日差しの中何時間も歩き回った後、大洗に移動。


大洗150519_2.jpg


サーファーしかいない海。
海岸はまだとても静かでしたが、砂浜はほとんど無く、
ここで海水浴するのだろうか?・・・
ちょっとピンとこない風景でした。


大洗150519_3.jpg


食事は色々なシーフードメニューがありそうだったので、" えんやどっと丸 " というお店で。

刺身や海鮮丼の類から鮑の入ったカルパッチョやら蟹のパスタまで、色々堪能しました。
魚を延々とお醤油に浸し続けて食べるのが苦手な私には向いてるお店でした。


そして最後は水族館。


大洗水族館150519_5.jpg


大洗水族館150519_4.jpg


クラゲに癒されて小旅行を終えました。
posted by AKA at 19:59 | 色々な時間

2015年05月26日

黄色い紬

この単衣、秋のほうが向いているかも・・・

帯がカラフル過ぎるとか、
衿を白っぽい色にすれば違ったかもとか、

まぁまぁ複合的な原因はあるかもしれないけれど


着物150526.jpg


何だか暑苦しい。

体感の話はさておいても、この時期は春の気分を引きずって、うっかりすると暑苦しい色合わせをやってしまうのでした。
そっくりそのまま9月の末にまた着れそうね。


もはや家では浴衣が登場しました。
本来の浴衣シーズンに家で浴衣を着る事はなくなったので、人目につかない室内で、こっそり浴衣のベストシーズンを迎えています。
posted by AKA at 17:43 | 着物コーディネート 紬