2015年02月02日

半衿の洗濯 ベンジンでセルフクリーニング

正絹の縮緬に手刺繍という手入れの厄介な半襟。
一枚のクリーニング代は1000〜1500円が相場。
大きさはスカーフの三分の一なのにねぇ・・・

一番安く済ますとしたら、長襦袢のクリーニングの際に、洗いたい半襟をしっかり衿に縫い付けて、一体として処理してもらう事です。
そうすれば長襦袢代だけで済む。( 但し、折跡はついてしまうだろう )

でも、もうちょっとカジュアルに使用頻度の高い物はどうするか?


やっぱりベンジンしかないですね。


部分的に付けると上手く汚れを処理できなかったり、拭いたり、叩いたり、むしろダメージが心配。
ということで、クリーニングと同じ方法で処理します。



@ まずは対象となる半襟の刺繍の端の方にベンジンをちょっと垂らして、色にじみなどがしないかパッチテストします。


A 大きな広口のビンにベンジン500ml(1瓶)を移します。

ベンジン150202_1.jpg


洗う物を入れても余裕があるくらいの大きさ瓶を用意しましょう。


B 半襟をその中に放り込んで蓋をします。
 ビンの蓋を長く開けているとそれだけ中身が揮発して減りますので、テキパキやりましょう。
 
ベンジン150202_2.jpg


そうしたらビンをしっかり掴んでシェイクします。
軽い汚れなら10秒程度で大丈夫かな・・・・。

取り出す時はヘアカラーの時に使うような手袋をして、絞りながら取り出します。
ビンの口が狭いと絞る事が難しいので、次回の分が少なくなっちゃいます。


ベンジン150202_3.jpg


洗浄が済んだベンジン。
汚れか? 生地の色か?
このくらいなら3回はいけそうです。


揮発性の物なので、30分もあれば乾くので、その後アイロンで仕上げます。

半襟150202_4.jpg


ムラとか縮みは無く仕上がります。


数回は使い回しできるとはいえ、汚れ部分を拭くというやり方に比べれば、全く豪快な使い方です。
でも、クリーニング代を考えれば格段お得だと思います。
私の場合、対象となる半襟は正絹縮緬に限られるので、気になりません。
むしろ正絹の半襟に輪ジミを付けたりするリスクの方が怖い。


くれぐれも火の気の無い場所で行って下さいね。( 無論保管も )
posted by AKA at 18:09 | 着物のお手入れ 着付け

2015年02月10日

2月の石垣島

石垣島といえば、
" 青い空 青い海 "
・・・という具合にいかない季節もある。


石垣島150210_1.jpg


「 1月と2月はかなりの確率で曇り 」 という事を知っていた上で行ったので、始終このような天気であってもガッカリすることはなかったのですが、知らずに行ったとしたらかなりのイメージの違いに驚くだろうと思います。
5日間の滞在で晴れたのは4日目の数時間程度。
その上東京の11月くらいの気温に強い風が加わるので、暖かいとは言い難いです。


保温性の高いインナーは必須、それとタイツやレギンスも大活躍。
晴れれば長袖Tシャツと聞いていたけど、1月中旬から2月の中旬にそれで過ごせる確率はかなり低いのではないだろうか?

島人は上半身はダウンジャケットを着てるのに、下に目をやると、短パンに素足にビーチサンダルという冬と夏が共存したファッションの人もいて、本当に文化の違いが面白い。


石垣島150210_2.jpg



石垣島150210_3.jpg


寒くても花は咲いてたので、ビジュアル的には南の島らしい〜。
夏のように旺盛にというわけにはいかないでしょうけれど、桜が咲いていたり、真冬の本州に比べたら十分楽しめました。

それに建物がこれほど違うと、ちょっと感動。
日本語が通じるという状況に違和感を感じちゃうくらい、ヘンな感覚に陥りました。


石垣島150210_4.jpg



石垣島150210_5.jpg


だって・・・こういうの目にすると、「 ここは何処? 」 って感じ。
ラジオからは所々聞きなれた単語と島言葉が混ざった、ほぼ話の内容が分からないDJのトークが流れてくる。
別の局に変えても、
「 您好 午安! ☆▽✕◇*◯仝 」
・・・・・もっと分からん。

沖縄県といえど、那覇より台湾のほうが近かったという事を実感するのでした。


とにかく何処もかしこも空いてたので、のんびり過ごせるのは確実。
ホテルもかなりのディスカウントがされていました。
posted by AKA at 20:36 | 色々な時間

2015年02月14日

石垣島でプチ登山

石垣150213_1.jpg


石垣島といえばマリンアクティビティだけど、冬ですから陸に目を向けて山に行ってみました。
身近な自然と全く違う植物の世界が展開するので、なかなか面白かった。

西表島はツアーなどに参加して滝登りをしたり、カヤックに乗ったりと、ネイチャー系アクティビティが充実していますが、石垣島の方はあまりそういうのはメジャーじゃないようです。
石垣島の山は1時間〜3時間程度で登って降りてこれるので、ドライブの途中でも行けちゃう山ばかり。
ガイドブックにはこの手の情報は全く取り上げられていませんでしたけど、道路から山への案内はちゃんと出ていました。


マーぺー150213_2.jpg


今回は眺望が素晴らしいと聞いたので、マーペー( 野底岳 ) に登ってみました〜。
登山道では面白い植物を沢山見れました。
近所の園芸店で高値で売っている観葉植物がそこらへんに普通に生えています。

超ショートコースもありますが、西側から登る片道45分のコースで上がりました。


マーぺー150213_3.jpg


おおっ、流石の眺め。
尖がり山なので360度の景観が楽しめて、3方向の海を見下ろせます。

山頂から真下に海を見下ろすというロケーションは初めて。
歩く時間が短いので登山って感じはしないけれど、天辺に登った時のサンゴ礁の景色は独特で大満足。


この山以降、" 巨大な葉っぱ " を見つけると記念撮影してしまうように・・・。


石垣150213_4.jpg


すごい〜。
でも、近くにあったら邪魔だろうな。


一通り驚き、だんだん慣れてくると
「 このクワズイモ、買うとしたら◯万円はするかも、このモンステラは◯年くらい生育にかかるよ〜 」
とか、ついついそういう発想になってしまう。


マングローブではこんなヤツもいた。


石垣150213_5.jpg


海水が干上がったらどうなるんだろう?

生きてるのか確かめる為にツンツンと突っつくと身もだえするので、友人は超気持ち悪がってました。
どうやらイソギンチャクの一種のようですが、海の中に居たらさぞかしピンクが映えて美しい事でしょうに、こういう茶系の場所にいると、只々毒々しく不気味な異物に見えるから可哀想です。
posted by AKA at 11:10 | 植物の色