2014年12月01日

楽しい蚤の市

楽しみにしていた蚤の市の日。


着物141201_1.jpg


朝早く起きて、ウールの着物を着て、準備完了!
天気は時々にわか雨、という残念な予報だったので、ウール着物にポンチョケープなら屋外イベンでも活動的かなと思ったのだけど、朝からもう降り始めてる・・・。

なんとなくイヤな予感がしたので、直前に着物を脱いで洋服に着替えて出かけました。


蚤の市141201_2.jpg


予感的中。
到着早々に本降りになり、お店の品物もビチョビチョ。

家具でも何でもほったらかし、これにはちょっとビックリ。
ずぶ濡れの家具なんて売れるのか? と思ったけど、SOLD OUTの札がちゃんと貼られているところをみると、そんな事気にしない人は多いのでしょうか。


蚤の市141201_3.jpg


蚤の市141201_4.jpg


フードも充実してて、みんな美味しそうだった。
自然派な感じのメニューが多くて、オシャレでカワイイお店ばかりです。


蚤の市141201_5.jpg


蚤の市141201_6.jpg


値段は蚤の市というより店舗価格なので、堀出し物が満載というより、レトロとかジャンクな物が大好きなら、一度に沢山見比べて買えるっていうのが楽しい企画だと思います。

私もいっぱい欲しい物があった。
安かったら、どれもこれも家に連れ帰っただろうからヤバい。
納得して諦められる価格がついていた事と、品物がビチョビチョのおかげで、自制心が十分働きました。

次回も是非行きたいイベントです。
来年は晴れますように。
posted by AKA at 18:23 | 着物コーディネート 普段着

2014年12月06日

紬と長羽織

赤い着物のマイブームは終わったのですが、置いてあったのでそのまま着て外出しました。

蚤の市の日に付けた半襟が、結局外出せずにそのままなっていたので、それと組み合わせて変でなければOKという感じでした。


着物141206_1.jpg


羽織141206_2.jpg


この羽織は8分丈で108cmの長さがあり、バランス的に長羽織は好きなのですが・・・


座る時どうしたものかと毎回躊躇するのです。
羽織で座る時は背中の方に裾をたくし上げて、羽織をお尻の下に敷かないようにと一般的に言われているけれど、ここまで長いと、めくりあげて座ると相当の嵩になります。
むしろシワシワになる。
ふくらはぎ丈を腰辺りまで持ち上げたら多分、見た目も異様かも。

ピシッと伸ばして、出来るだけ折皺にならない様に注意して座っちゃうのですが、つくづくシワになりやすい反物を長羽織にするのは向かない事を実感してます。
posted by AKA at 18:07 | 着物コーディネート 紬

2014年12月13日

派手な衣類をナチュラルカラーに

大掃除をしていると、本来するべき掃除という行為がしばしば脱線してしまう。

大きな原因は、
前々からやろうと予定していたが、忘れていて手つかずだった事の発見。
これらに次々遭遇するからです。


例年だったら、見つけた傍から何処かにしまい込んだり、更に後回しにすべく放置したりしてましたが、今年は見つけた順にコツコツ対処しようと頑張っております。


昨日は、染め変えてから収納しようと思っていた夏物衣類の染作業でした。
(3か月くらい放置してあったのですね・・・)


染141213_1.jpg


夏物は色の発色が強い物が多めなので、一部はナチュラルカラー系にチェンジしてみました。

元々は ペパーミント/サンゴ色/レモンイエロー の蛍光色系のパッとしたTシャツでした。
ネオンカラーの時もポイントカラーとして出番は多かったけど、随分落ち着いた色になりましたので、重ね着でも合わせやすい色になりました。



派手なビタミンカラーで、最近は使わなくなった半襟も染液に放り込んでみた。

半襟141213_2.jpg


ちょっと茶系が濃く入ってしまったけれど、落ち着いた色になった!
染める前はこういう色


買った時からちょっと好みの色と違っていたのです。
普段着用にするつもりだったのに、あれこれ色々な着物に合う色調じゃなかったので、自然に使わなくなっていました。
今度の色は出番が増えると助かるなぁ。


こんな具合に、派手な色を次々と地味にしていくこと8着。
随分ため込んでいたものですね。
ようやく収納ボックスに収められました。
posted by AKA at 19:22 | 布のアトリエから

2014年12月23日

シャビーな木箱

先月末にワイワイと楽しんだ東京蚤の市。
戦利品を飾る場所を、廊下? トイレ? 階段?・・・と散々悩んだ末に、巨大な額を撤去して殺風景になっていた階段に設置してみました。


シャビー141223_1.jpg


古い糸巻き2個もアイアンフレームにバランスの良い大きさで収まった。
こういう使い込んだ木の風化具合がたまらなくツボで、見ると和むので、日に何度も通るところに設置したのは正解だった。


LED141223_2.jpg


ところで・・・
年末になると切れてなくても照明を交換したくなるのは何故でしょう?
" 新年を明るく迎えましょう "
の宣伝文句に感化され過ぎ?

でも、階段の行燈をクリアタイプのLEDにしたら前より明るくなった。
810ルーメンの白熱電球タイプより、階段に付け替えた600ルーメンのクリア電球のほうが明るく感じる。
LEDの場合、全光束の数値が高いほうが明るいとは限らないのかしら?

消費電力からするとクリアのほうが効率良く明るく出来る事は分かったけど、部屋の照明には眩し過ぎて不快感もあるかな。
長時間居る場所には不向きな感じでした。
配光の角度とか条件もあるし、これからも色々な製品が登場する分野だと思うので、ゆっくりペースで交換していこうかなと思います。
posted by AKA at 21:42 | 布のアトリエから

2014年12月28日

ホームパーティ

掃除や雑用に明け暮れた12月がやっと終わります。
でも、「 やらなくちゃ! 」 と長年思っていた事を随分済ませる事が出来たので、スッキリした気分で新年を迎えられそうで嬉しい。


この間ホームパーティーで友達に
「 キッチンの物が少なくなったねー 」
と言われて、ハッピーになった。

質素な生活をしてて 「 物がないね 」 と言われたら、何となく物悲しい気分になると思うのに、物を処分して 「 物が少ないね 」 と言われると褒められたような気分になるものなんですね。
人の心理は不思議です。

その友達はとても料理に熱心で、食材や調理道具が増えてしまうとの事。
みんな同じような悩みを抱えてる・・・。


最近は新たな料理ジャンルには足を踏み入れないようにしているので


忘年会141228_1.jpg


ホームパーティーも有るもので頑張って作る!

年に1・2回しか作らないようなお菓子の型などは処分しちゃいました。
以前は結構凝った料理も作ったけれど、今はパパッと作れるものとか、新鮮なお野菜を沢山使ったものとか、そういう料理が増えてます。
野菜の料理だと、あまり特殊な道具は不要なので、メニューに制限がないのが好都合。


忘年会141228_2.jpg


美味しいお菓子を頂く事もあるし、プロが作ったものを食べればいいのですよね。

自分で作るのが楽しい時期もありましたが、今になってようやくこだわりを捨てられるようになりました。
家の中でキッチンの掃除が一番大変!
日々キープ出来る量感を超えないようにするために、やりたがりの欲望を抑えるのに随分年月がかかってしまいました。
もっと早く気付けば良かったろうに、自分で自分の首を絞めててバカですね。


ホームパーティーがあると他人がキッチンに入る事になるので、もっと回数が増えると、整理整頓の機会が増えていいんだけどな。
posted by AKA at 13:42 | 色々な時間