2014年08月10日

夏の着物なのに夏に着ない着物

久々! 絽着物。
主に7・8月用の着物なのに、梅雨が明けたら暑すぎて着ることがない着物。


絽の着心地を忘れていたくらいです。
優しい肌触りにほっこり。

つまり、炎天下の下ならほっこりとホットな感じという事です。
花子とアンでも夏着物のシーンは多くて、
「 絽着物かぁ、いいなぁ 」
って思ってました。


着物140810.jpg


台風の影響で気温が低めだったので、今年一度のチャンス?!

着物は水玉、帯も水玉格子。
その上半襟を水玉にしたら度が過ぎたので、ふんわりした色にしました。


帯は派手でも地味でも大丈夫な着物ですが、こういう細かい柄は体が間延びしたように縦長に見えるのでそれが難点ですね。


更に縦長の印象の要因の一つが、この日着ている絽の長襦袢。
用途からしてガバッと衿を開けて着ることがないだろうと繰り越しの幅は並にしているのですが、今日着てみて、もう少し横幅を開けて衿のVラインの角度が広いほうがいいと思いました。
左右の開きがもう少し空いているほうが印象が柔らかいかなぁ・・・。


着付けは長襦袢次第だし、衿の角度で雰囲気が相当変わってしまうので、重要な部分です。
この長襦袢も繰り越し下がり・衿下がり ( 後ろ姿 ) は問題無さそうなので、繰り越し幅と剣先の位置を縫い直して、もう少し衿の角度を調整することにします。

2014年08月14日

日傘作り

傘用の生地を初制作。

今までと柄合わせ角度が全く違う為、新たな発見というか大変勉強になりました。


テキスタイル140814.jpg


来年出版予定の本で、傘職人さんとコラボする企画です。

出版社の方から、使いたい日傘をイメージして制作してくれれば良い。
という自由な作業でしたが、傘職人さんとお話していくうちに、
「 ぐるりと縁模様とかは普通過ぎてつまらないよね 」
という話の流れになってゆき、ハードルをどんどん上げてしまい苦境に!
話している時は問題なく思えたのですよね。
( そう簡単ではなかった・・・ )

2デザインを制作することが出来て、安堵しております。

傘になった時、想像どおりの模様になるか・・・
楽しみです。
posted by AKA at 18:16 | テキスタイル-絵のような布

2014年08月20日

北横岳にて

北横岳140820.jpg



ふと足元を見ると端麗な世界。

必要な物だけを持って生き
飾り立てもしないのに美しい。
なんて羨ましいことだろう。



この間、泊りの山の準備で、水と食料を入れる前のザックの重さが7キロになった時、
「 もう少しだけ減らないか・・・ 」
「 何グラムでもいいから軽くできないか・・・ 」
執拗にポーチやケースもスケールで重さを図って選別し、荷物を減らしていきました。


自分の持ち物を全部肩に背負って移動させるような状況になれば、真剣に所有物を選別するのに、普段の暮らしとなると必要と思う範囲がすごく広がってしまうものですね。

実生活で足りないのはリアリティですね、きっと。
posted by AKA at 19:01 | 植物の色

2014年08月30日

ボーダーレースの帯

ここ数年レースのファッションやナチュラルテイストが人気という影響か、生地屋さんにもかなり凝ったレース生地が沢山置かれるようになっていて、見ていてすごく購買欲を掻き立てられます。

着物だったら、麻のレースとかしっかり目の生地で簡単に半幅帯を作るっていうのも夏らしくて着るのが楽しくなりそう。


着物140830.jpg


ボーダーレース柄に、あまり出番のない白蝶貝の帯留を合わせてみました。
もちろんレースの素材は絹ではありません。
着物は絹ですが、光沢感が近ければ違和感は無いと思います。


あまり毛羽立ちそうな天竺のような生地とか、薄いローン地とか、レース刺繍がコットン糸の物はちょっと安っぽい仕上がりになるかもしれないです。
生地に張り感があって、刺繍部分はツヤがある物を選ぶほうが無難。

このボーダーレースはブラウンベースですが、濃い地色のほうが柄が目立つので好きです。
posted by AKA at 19:02 | 着物コーディネート 紬